静岡市観光&グルメブログ『みなと町でも桜は咲くら』

静岡のグルメブロガーさくやちゃんです!静岡市観光するならこのブログをチェック!と言ってもらえるような静岡市の観光&グルメ情報サイトを目指してます!市民&旅行者の為のローカルネタたっぷり静岡市観光&グルメブログです!ζζ

『おふろcafe bijinyu(美肌湯)』二つの温泉&和カフェで時間を忘れてくつろげます!

市内屈指の良質な温泉二つ!
カフェ&休憩スペースも魅力満載!

f:id:sakuyaoi:20180416194059j:plain

岡市葵区籠上にある日帰り温泉&カフェ。良質な二種類の温泉とメニュー豊富な和カフェ、雑誌・コミックが約1万冊揃った広い休憩室など、時間を忘れて楽しめるレジャー施設です。埼玉県にある『おふろcafe utatane』の系列店とのこと。以前は『美肌湯』の名で運営されていましたが、2015年に今の『おふろcafe bijinyu(美肌湯)』に館内改装と共にリニューアル!翌年も改装を重ね、より良い癒しとくつろぎを提供する空間へと進化しています。

今回は地域紹介のブロガーさんを応援しているという美肌湯の担当者さんから提案を受けて、隅から隅まで楽しみながら取材させていただきました!くつろがせてもらった分、しっかり魅力の伝わる記事にしてみせますよ!

広告

 

入館~1階フロア

f:id:sakuyaoi:20180416194109j:plain

美肌湯玄関

魅力的な温泉の情報から紹介しようかと思いましたが、フロアを順番に紹介しないともやもやする性格なので、入館案内から順番にフロアを周って紹介していきますね。

玄関から入って正面が受付になります。受付左側にあるロッカーに靴を入れ、ロッカーのカギを受付へ渡しましょう。入館料を支払い、館内のカフェなどで使用する、お財布代わりのIDブレスレットを受け取ります。

ラウンジ

f:id:sakuyaoi:20180416194144j:plain

1階ラウンジ

初に目に入る一階の休憩室。暖炉や桜が置いてあり、インテリアに和を感じますが、フロア的には洋の雰囲気も。良い具合に和と洋が融合した落ち着いた空間になっていますね。施設を通して共通している部分ですが、温かみのある間接照明もゆったりと過ごすのに最適です!どこでもくつろげるようにとソファが各所に設置されています。

f:id:sakuyaoi:20180416194146j:plain

珍しい座椅子 奥にはお座敷も

隣はフローリングの洋間に段ができた独特のレイアウト。手前にあるどじょうすくいのようなものはあぐら専用の座椅子だそうです。奥は畳張りのお座敷。ここにぎっしり並んだ本棚がありますが、美肌湯さんはフロアのどこにでも座る場所と本がある、そんなイメージです。

f:id:sakuyaoi:20180416194151j:plain

無料コーヒーコーナー

向かい側には無料のコーヒーコーナー。ホットのみですが、挽きたてのコーヒーが飲み放題です。シュガーとミルクもちゃんと用意されていますよ。となりの黒いマシンはお水です。

f:id:sakuyaoi:20180416194154j:plain

図書館みたい

左へ進むと、写真では入れ忘れましたが手前に椅子があるバーカウンターのようなつくりの本棚が並んでいます。図書館の特設コーナーみたいなつくりで様々なジャンルの単行本が並んでいますが基準は分かりません。たくさんの本を前にしてコーヒーを飲みながらの読書も雰囲気あって素晴らしいですね。

f:id:sakuyaoi:20180416194158j:plain

ここからが温泉

そのまま進むと温泉になっています。今回は浴内の写真素材をいただけたので、しっかり紹介できますね~。

カブラヲ温泉

f:id:sakuyaoi:20180416194103j:plain

黒くて硫黄の匂いがするカブラヲ温泉

カブラヲ温泉とは

アルプスの豊富な地下水が源流となった硫黄分を豊富に含んだ温泉。葵区西ヶ谷カブラヲという場所に源泉があり、毎日タンクローリーで美肌湯さんへ運び入れているとのこと。メラニンの排出を助け、血流を促し、老廃物のデトックス効果も期待できる為『美白の湯』と呼ばれています。

入った感じ

見た目は透明度のある黒、少しどろどろ?べとべと?感というか粘り気を感じますが、お湯自体に質量感があるわけではなく、普通にお風呂に入るのと感覚は変わりません。硫黄の匂いが結構強いので、苦手な方はいるかも。色と匂いから大涌谷の黒い茹で卵を思い出しました笑。浴槽の大きさが小さめなため、混んでいると順番待ちになるかもしれません。ゆっくり浸かると体の芯まで温まり、お風呂から出た後もほかほか温かさが長く続きます。泥パックをしているような感覚で、体もすべすべになったかも?

その他の効能

血圧降下作用、抗寄生虫作用、免疫力を高める だそうです。

籠上温泉

f:id:sakuyaoi:20180416194106j:plain

浴室中央の大きなお風呂

アルカリ性の籠上温泉

機山の麓が源泉。Ph値9.9と驚異の数値を誇る、全国でも有数のアルカリ性をもつ貴重な温泉とのこと。安倍川流域で降った雨水が数百年かけてゆっくり浸み込んで生まれたらしいです。『美人の湯』と呼ばれています。

ところでPh値ってなんでしょう?wiki調べですが『ぺーはーち』と読む水溶液中の水素イオンの酸性・アルカリ性の度合いを示す値みたいですね、学校で習ったような気もしますが忘れてしまいました...。このPh値、7が基準の中性、水道水で沸かす自宅のお風呂が7程度になります。人間の血液が8程度、9.9はホウ素や石鹸レベルです。

石鹸の温泉...入ったら体中つるつるになっちゃいそう。実際アルカリ性の温泉には皮膚の油分を落とす効果があるようで、入るだけで全身を石鹸で洗うのと同等の高価があるみたいです。だからって体を洗わずに入浴するのはマナー違反ですよ!

籠上温泉が使われている浴槽は全部で四種類。ゆったり浸かれる広い浴槽、水圧マッサージのジャグジー『微泡湯』は強弱二種類、体温に近い37度に調整された『不感温浴』、足湯+背中を温泉がながれる『腰掛湯』です。

入った感じ

色は普通の温泉なのでカブラヲ温泉に比べて入った際の特徴などは分かりにくいのですが、じっくり浸かると確かに肌がすべすべしてきます。あまり浸かりすぎると上がった際に肌がカラカラしてくるので、長時間入浴より短時間を繰り返す方が効果的かもしれません。『微泡湯』の威力の強い方は結構ズボボボと水圧が襲ってきますのでマッサージ効果も高いです。体はつるつる、最近痛めてばかりの肩と背中も少し楽になった気がします。『不感温浴』もぬる過ぎず熱くもなくの不思議な感じですが、服を着た状態と同じ感覚なので、この中で住めそうです。狭いですが。

源泉蛇口

籠上温泉が使い放題な源泉蛇口もあります。浴槽で顔を付けるのはマナー的にもどうかなと思いましたが、この蛇口でなら顔を洗ったりもできますね!洗い流す感覚なので、より綺麗になった気がしてきます。

蒸し風呂(サウナ)

f:id:sakuyaoi:20180416194056j:plain

蒸し風呂

一種類だけですがサウナもあります。温度は80度~程度の若干高温なので、短時間でもかなり汗が吹き出します。スーパー銭湯のサウナなどではよくあるサウナのテレビはありませんが、温度的にもあまり長居は良くないと思うので、温泉と合わせて短め交互に利用するのが相乗効果もありそうな気がします。実際サウナ慣れしている私も10分入ってたらくらくらしてきましたので、慣れてない方は気を付けてくださいね。

お風呂から上がって2階へ

f:id:sakuyaoi:20180416194201j:plain

階段の途中

f:id:sakuyaoi:20180416194204j:plain

階段上の桜のインテリア

2階への階段の影模様、お気に入りです。和を感じるデザインはふと目に入ると落ち着きますよね。階段を上り終えると桜の盆栽が並ぶインテリア、これほしい...部屋に置くスペースないけど...。写真の床に注目していただくと、こちら畳張りです。三年前の回想で畳に変えたとのことですが、デザイン的にも踏み心地的にもいい感じ!

広告

 

和カフェでゆったりランチ

雰囲気

f:id:sakuyaoi:20180416194326j:plain

f:id:sakuyaoi:20180416194207j:plain

f:id:sakuyaoi:20180416194329j:plain

広々カフェ

2階に上がった正面が和カフェになっています。お昼時でお腹もすいてきたので、先にランチにしました。2階のフロアの3分の1ほどはカフェになっており、上の写真に写ってる席の他にも、

f:id:sakuyaoi:20180416194316j:plain

本棚のある席

階段の隣の部屋、カフェの向かい側も更に拡張スペースになっており、こちらは本棚も置いてあります。もちろんただのインテリアではなく主に漫画が並んでいます。これが本当の漫画喫茶ですね。写真が被るので貼りませんが、これと同じくらいのスペース+本棚がもう一部屋分となりに連なっています。数えていませんが、全部で100人分近く座席がありそうです。

f:id:sakuyaoi:20180416193956j:plain

壁に投影されてる

窓側の席にMacが置いてあったりと、センスに独特な部分もある和カフェですが、壁に直接テレビの映像が投影されていたのがなかなか謎です。ここはスクリーン張ったほうがいい気がする。小窓から顔のぞかせたら顔に映像映っちゃいますね笑。

メニュー

f:id:sakuyaoi:20180416194002j:plain f:id:sakuyaoi:20180416194005j:plain

f:id:sakuyaoi:20180416194008j:plain f:id:sakuyaoi:20180416194011j:plain

f:id:sakuyaoi:20180416194015j:plain f:id:sakuyaoi:20180416194018j:plain

f:id:sakuyaoi:20180416194021j:plain f:id:sakuyaoi:20180416194024j:plain

f:id:sakuyaoi:20180416194031j:plain f:id:sakuyaoi:20180416194338j:plain

豊富なカフェメニュー

和カフェの名に恥じない逸品揃い。お茶は茶葉指定で注文でき、他にもドリンクメニューが豊富、静岡市のクラフトビール『AOI BREWING』も各種揃っています(売り切れのものもありましたが)。食事は野菜たっぷりのメニューが中心でどれも健康的!一品料理のおつまみには黒はんぺんフライも!静岡らしさも感じますね!デザートメニューも各種和っぽい見た目、と思ったら見た目もカワイイアイスキャンディも別のPOPでおススメされていました。

f:id:sakuyaoi:20180416194034j:plain

注文はレストランっぽい

お好みのメニューが決まったら、机の上の呼び出しボタンを押しましょう。既製品っぽいですが変わったデザインですね。

ふじのくに いきいきどりの甘辛山椒唐揚げ御膳

f:id:sakuyaoi:20180416193950j:plain

小皿がいっぱい!豪華な御膳

皿の多さに目移りしちゃいます。商品名的にはから揚げがメインのはずですが、それぞれのお皿が存在感を主張してるイメージ、サラダと漬物以外の4品の小皿は『おばんざい』の扱いだそうです。野菜が多めで見た目から健康っぽいイメージを感じます。ご飯も雑穀米、久々に食べました。

f:id:sakuyaoi:20180416194353j:plain

甘辛山椒唐揚げ

メインのから揚げは三つなので少し寂しい気もしますが、油淋鶏のような甘酢ダレがよく絡んでいて、かつカリッとしたバッチリな揚げ具合のまま、ご飯の進む素晴らしいから揚げです。山椒の味も結構濃く感じましたが、甘辛の"辛"の要素はあまり感じませんでした。付け合わせの白い塊はマッシュポテトでしたが、から揚げに付ける用なのか、たまたまそこに並べるレイアウトだったのかは不明です(そのまま食べました)。

f:id:sakuyaoi:20180416194359j:plain

サラダとおばんざい

サラダのボリュームがお茶碗と同じくらいだったので、野菜食べてる満足感がなかなかのもの。最近は葉物も高いですから、野菜が多いとお得感もありますよね。おばんざい4皿も皆野菜系ですし。手前から胡麻和え、豆とえのき混ぜたの、オクラと桜えびまぜたの、

f:id:sakuyaoi:20180416194356j:plain

生ハム

一番奥の赤いコアがある生ハム、中に入っていたのはプチトマトでした。撮っても美味しいですが見た目がすごいスライム系のモンスター感あります。

黒はんぺんフライ

f:id:sakuyaoi:20180416194346j:plain

厚くて大きい

なんとなくいけそうなお腹具合だったので黒はんぺんフライを追加。ヒレカツみたいなビックサイズ。この大きさはスーパーのはんぺんじゃないですね。こちらもサラダが付いてきてお得感あります。ちなみに今までの経験で黒はんぺんフライは大きいほど美味しいと来てるので、今回のも期待大です!

AOI BREWING お茶エール

f:id:sakuyaoi:20180416194342j:plain

AOI お茶エール

ご飯も食べきってしまっていたので、そのままフライを食べるのはもったいないということで、気になっていてたAOI BREWINGのOCHA ALEを注文。普段の節約生活の苦しみが爆発したような豪遊っぷりです。この開放っぷりには大槻ハンチョウも満足でしょう。名前は知っていたけど初めて見たお茶エール、瓶のパッケージがカッコいい!

グラスに注ぐと、見た目は生ビールそのものです。ビールの苦みとお茶の苦みで一口めは大人の味だー!となりますが、苦さが相殺したのか、後味からかなりお茶の甘みが広がってきてフルーティな感じに。二口目からは急に飲みやすくなるので、これならビールが苦手な方でも飲めそうだと思いました。一口めでダメそうにしていてももう一口飲ませてあげてください。

f:id:sakuyaoi:20180416194350j:plain

ソースはドバドバかけましょう

放置されていた黒はんぺんフライ(実際はビールも同時に頼んだのでまだ熱々ですよ)。ソースはかけ過ぎってくらいドバドバつけるのがツウというか"静岡人"の食べ方です。はんぺんフライ自体、黒はんぺんの甘みで味はあるのですけど、ソースとの相性が抜群に良くて、そのまま食べても美味しいけど、ソースをかけることで更に美味しくなる、美味しさの天井を知らない静岡の神メニューなのです。

f:id:sakuyaoi:20180416193953j:plain

身が厚い

こちら断面、かなりの厚さです。ひとえに黒はんぺんといっても、会社や種類が豊富で、小さい物から大きいものまでいろいろありますが、フライにする際は大きい物の方がより旨味が凝縮される感じで私は好きなのですよね。今回の厚さと大きさもまさになベストサイズ!サクサクでジューシーな甘みにソースがよく合って、ビールとの相性も抜群ときたら、もう一皿行ってしまいたい勢いでしたが自重しました。黒はんぺんフライがあるお店だと必ず頼んでしまいます。

デザートに抹茶アイスのパンケーキ

f:id:sakuyaoi:20180416193959j:plain

濃厚 抹茶アイスのパンケーキ

今回の豪遊は留まるところを知りません。デザートまで付けてしましました。温泉に入ってリラックスすると、ついつい何でも許せてしまいます。自分に優しくなれるのは良い事のはず。というわけで『濃厚 抹茶アイスのパンケーキ』。でました、パンケーキを名乗っておいてメインが上に乗ってるスイーツなパターン!お洒落なカフェのアレ、私には縁のない物と思っていましたが、今回デビューを飾ることに。

上に乗っているのはあんこ、抹茶アイスと白いのはバニラアイスかとおもいましたが、マスカルポーネチーズでした。バナナも擬態しています。手前の黒蜜をかけて甘さの宝石箱になったパンケーキを上のスイーツたちと共に躊躇することなく食べ進め、満足過ぎるランチが終了しました。

f:id:sakuyaoi:20180416194046j:plain

アイスキャンディ

先ほどメニューでおすすめされていたアイスキャンディ、サンプルまで並んでいてやる気充分ですが、さすがに満腹&満足していたので今回は断念。でも美味しそう~!

うたたね処

f:id:sakuyaoi:20180416194332j:plain

f:id:sakuyaoi:20180416194335j:plain

うたたね処

カフェの左隣奥は仮眠室『うたたね処』じんわり明るい他の部屋と異なり、睡眠に適した間接照明になっております。映ってないですがちゃんと毛布もありますよ。

おひるねラウンジ

f:id:sakuyaoi:20180416194210j:plain

f:id:sakuyaoi:20180416194256j:plain

f:id:sakuyaoi:20180416194320j:plain

おひるねラウンジ

今度はカフェの右隣の部屋、こちらも休憩室『おひるねラウンジ』眠るにはちょっと明るい気がしますが、マンガを持ち込んで読むのにも最適ですので、落ち着ける休憩スペースとして活用できます。リクライニングチェアもいくつか種類があり、

f:id:sakuyaoi:20180416194323j:plain

マッサージチェア

マッサージチェアも無料で使用可能!温泉施設でも有料の場合が多いマッサージチェア、何度でもフリーなのはありがたいです。席数も揃っているので順番待ちになっていなければ連続で贅沢に使ってもいいかも?

広告

 

ライブラリ

f:id:sakuyaoi:20180416194217j:plain

広い休憩所ライブラリ

階右奥は広い休憩スペースの『ライブラリ』段差のある変わった造りの空間ですが、元はイベントを行う舞台だったそうで、2015年のリニューアルで現在の姿に!奥の本棚の縁を見ると面影が分かりますね。この部屋には様々なくつろぎポイントが!順番に紹介していきます。

バスタブソファ

f:id:sakuyaoi:20180416194230j:plain

お風呂みたいなソファ

2~3人でくつろげる、お風呂をイメージしたくぼみのソファ。クッションもあり、くつろぎかたは自由自在。コンセントもあるので横になりながらパソコンいじったりも可能ですね。午前中にこの写真を撮った際にはあまり人はいませんでしたが、午後になると混みだして、しかもカップルばっかりでなかなか私には近寄れないオーラの空間へ。数は少ないので早い者勝ちです。写真では隠れてしまいましたが、右側に雑誌の本棚があります。

人をダメにするソファ

f:id:sakuyaoi:20180416194234j:plain

人をダメにするソファ

数年前に流行った例のソファもいくつか、ここだけじゃなくライブラリの各所に設置というか転がっていました。実は今回初めて体験してみましたが、すごいですね。体のポーズに合わせてジャストフィットしていくので、どんな向きでもたれかかっても、体が一番楽な姿勢にもっていかれます。これはダメになりますね~。

ヒトシェルフ

f:id:sakuyaoi:20180416194227j:plain

上下ずらりとヒトシェルフ

f:id:sakuyaoi:20180416194259j:plain

f:id:sakuyaoi:20180416194313j:plain

とっても便利なヒトシェルフ

押し入れの中の隠れ家をイメージした半個室。中にコンセントとライトのスイッチがあり、マンガを読んだりゲームをしたりに最適です。家の中に欲しい空間ですね。先ほどの人をダメにするソファを持ち込んで横になったら出てこれなそう。

コミックライブラリ

f:id:sakuyaoi:20180416194247j:plain

f:id:sakuyaoi:20180416194243j:plain

コミックライブラリ

一番奥側にある漫画図書館。並べ方も漫画喫茶でよくあるスタイルで、館内約1万冊のうち、半分はここに並んでると思います。ラインナップも旧名作から、近年のアニメ化作品を網羅と、絶対詳しいスタッフがいる品揃え。アニメ化してない作品でも、現在雑誌で連載されている漫画は大体揃っていましたので、気になっていた作品が全部読めます。気になっていた『双方亭壊すべし』と『ジョジョリオン』と『鬼灯の冷徹』を読んでいたら3時間ほど経過していました。

f:id:sakuyaoi:20180416194250j:plain

ボードゲームも

コミックライブラリの隅にボードゲームも各種置いてあり、バスタブソファなどへ持ち込んで遊んでいるグループもいました。修学旅行の宿がここだったら最高過ぎるなという感想(宿泊は行っていませんが)。

ハンモック

f:id:sakuyaoi:20180416194253j:plain

ハンモック

まさかのハンモックまで!写真を撮ったこの時に体験しておけばよかったのですが、後から来たら大人気のようで満席に。静岡市内の日帰り温泉施設でもハンモックがあるのは美肌湯さんぐらいじゃないですかね?

二回にも無料コーヒー

f:id:sakuyaoi:20180416194214j:plain

コーヒーコーナー

f:id:sakuyaoi:20180416194043j:plain

ブラックは好きじゃないので

1階で紹介しましたが、二階にも無料コーヒーコーナーがあります。ライブラリ入口にあるので、休憩スペースと往復してコーヒーを持ってく方が結構いました。寝転がる所が多いので、あんまりだらだらしすぎて溢さないように注意は必要ですね。

コワーキングスペース

f:id:sakuyaoi:20180416194223j:plain

f:id:sakuyaoi:20180416194040j:plain

作業も捗る

言うほど広くは無いですが、マック二台とタブレットが使用可能な簡単な作業スペースがあります。コンセントもあるので、持ち込みのパソコンを使うにも便利な机です。私はマックを借りていくつか記事を書いていました。疲れたらすぐ休憩できますし、コーヒーも飲み放題。これで作業が捗らないわけが無いです。目が疲れたら温泉行ってすっきりできますし、お仕事もやる気出そう!館内共通で無料WiFiもありますよ!

お土産コーナー

f:id:sakuyaoi:20180416194116j:plain

f:id:sakuyaoi:20180416194125j:plain

f:id:sakuyaoi:20180416194122j:plain

受付横

階にあるお土産コーナーは二か所に分かれてお土産の数も豊富!受付横一角のコーナーでは、ワインセラーのようなショーケースで、木村飲料のサイダーとアオイビール各種が販売されています。お茶エール気に入ったので買えばよかった~。木村飲料のサイダーは見栄えが良いのを選んでますね~うなぎコーラや桜えびさいだ~はありません笑。裏側は入浴剤などが並んでいました。

f:id:sakuyaoi:20180416194128j:plain

f:id:sakuyaoi:20180416194131j:plain

f:id:sakuyaoi:20180416194134j:plain

受付前

受付の正面側、待合用の椅子にもなっていますが、奥がお土産コーナーです。こちらはブランド商品。和カフェで提供されていたお茶の茶葉や、麺メニューの乾麺、個人的に気になったのはいぬ茶&ねこ茶。見た目がかわいらしくてお土産にぴったりです!他のお土産売り場で見ないような商品ばかりが並んでいて面白いです。

f:id:sakuyaoi:20180416194137j:plain

振り返るとドーナツ

振り返ったらドーナツが並んでいたりして、特に説明もないので少しふふっとなりましたが、お土産の種類も本当に豊富で、帰り際に見るよりはお風呂上りにじっくり眺める時間を取るのがおススメですね。

f:id:sakuyaoi:20180416194140j:plain

新商品のツナ缶

こちらは四月から取り扱いを開始した新お土産のとろつな。 清水港はツナ缶の聖地ですが、缶詰を作る工程で使われなかったまぐろの頭や骨などは肥料となり、静岡のお茶やみかんを育てる為に使われているそうです。とろつなはそんな肥料を作っていた清水区の会社『伊豆川飼料株式会社』が作ったツナ缶。捨てる方の部位を扱っていた会社がツナ缶に手を出したのがちょっとした笑い処です。近年はマグロの解体が海外で行われることも増えてきたため、肥料も清水で作りにくくなってるとか。がんばってほしいですね。

施設利用料金

f:id:sakuyaoi:20180418041020p:plain

料金表

最後になりましたが料金表。公式ページからの転載ですが。館内着やタオル付でゆったりくつろぐならフリータイムです。1,380円で一日くつろげます(深夜利用の場合は追加料金がかかります)。2時間までは時間割料金もあります、お風呂だけの利用、お風呂+カフェ利用程度の場合はこちらがお得ですね!

f:id:sakuyaoi:20180416194119j:plain

割引情報

地元の方や何度も静岡に来る方で美肌湯さんのファンになった方は回数券がお買い得!会員料金のフリータイムは1,180円ですが、更にお得な一回当たり1,100円になります!

まとめ

市内屈指の良質な温泉が二つ!

×

ついつい注文しすぎてしまう誘惑だらけの和カフェ!

×

何時間でもくつろげる魅力いっぱいのライブラリ!

 

おふろcafe bijinyu(美肌湯)でした!

 

f:id:sakuyaoi:20180416194049j:plain

すっかり暗く

午前中の11時から取材を始めて、帰ったのが19時...8時間もくつろいでしまいました!美肌湯さんおそるべし!ζζ

広告

 

 

店舗情報

店名 おふろcafe bijinyu(美肌湯)
住所 〒420-0873 静岡県静岡市葵区籠上15-15
連絡先 054-252-1126
駐車場 あり
定休日 第3火曜
営業時間 10:00~翌9:00(23時間営業)
予約 https://www.jalan.net/kankou/spt_guide000000187572/
公式サイト http://ofurocafe-bijinyu.com