静岡市観光&グルメブログ『みなと町でも桜は咲くら』

最新の静岡グルメ&観光情報を毎日更新!地元民目線で全力食レポ!お財布に優しいランチを積極的にまわってます!

『みほしるべ』三保の松原の観光拠点!足湯もあります文化創造センター!

f:id:sakuyaoi:20210318011943j:plain

清水区の新たな観光拠点!
三保の文化と伝承を知る資料館!

い工事期間を経て2019年3月30日ついにオープン!三保の松原の観光案内所兼、歴史や伝承を学べるミニミュージアムです。

用途は多岐に渡り『文化創造センター』の名の通り様々な文化の発信拠点となりそうな展示やスペースが用意されています。

三保の松原文化創造センター『みほしるべ』

f:id:sakuyaoi:20210318011850j:plain

外観

ちらがオープンしたみほしるべ。写真を撮ったのにCGに見えるともっぱらの噂。少し黒味のかかった硝子は、青空と松の姿を反射しています。

手前には新しい松も多数植樹されており、落ち着ける広場としても整備されていくようです。以前はタクシー乗り場等のロータリーでした。

三保の松原の観光案内所(1F)

前も小さな観光案内所がありましたが、今回はしっかりホテルのロビーのような状態で観光案内の環境が揃っています。

というか私の前の職場なのでオススメしておきますが、意外と便利ですよ。三保・清水だけでなく、静岡市、更には市外の周辺観光地情報まで豊富にそろっております。

三保の観光パンフレットも充実しているので、是非立ち寄って冊子だけでも貰っていってください。

展示室【文化・芸術】/ 映像シアター(1F)

f:id:sakuyaoi:20210318011855j:plain

シアターは撮影禁止

ちらの先がみほしるべのメイン、展示室【文化・芸術】&映像シアターですが、残念ながら内部は撮影禁止。

羽衣をイメージしたお洒落な入口から、三面の大モニターによる三保の松原の美麗映像、日本人と三保の松原の2つの動画が交互に放映されています。

更に進むと、三保の松原について・世界遺産について・羽衣伝説についてなどが湾曲した壁に分かり易く紹介されており、中央に芸術作品や貴重な品が展示されています。

絹本著色富士曼荼羅図の4つめの実物大レプリカと、20年以上公開されていなかった御穂神社収蔵の天の羽衣の切れ端『羽衣の裂』などここだけの品が見所ですね。

お土産コーナー(1F)

f:id:sakuyaoi:20210318011900j:plain

お土産コーナー

さめですが、ここだけの三保の松原公認グッズが並ぶお土産コーナーもありました。静岡土産等は外のお店で買えますが、三保の松原らしい土産はこちらかな。

とはいえ地元の人気商品とのコラボが中心で、三保限定デザインのロリエたこまん『アマンド娘』などもありました。

f:id:sakuyaoi:20210318011858j:plain

一息できます

休憩にぴったりのカフェメニュー。静岡の老舗コーヒーメーカー『トミヤコーヒー』のコーヒーが楽しめます。

1階には授乳室やコインロッカーなど、それほど広くは無いものの今まで三保に無かった施設が隣接。綺麗なトイレもあります。

展示室【郷土史・保全】(2F)

f:id:sakuyaoi:20210318011903j:plain

資料ゾーン

2階の展示室は松の保全や三保の歴史について、芸術や信仰の観点というより、現在松原が抱える問題や、史実に基づいた資料が多く展示されています。撮影可能です。

f:id:sakuyaoi:20210318011909j:plain

松について改めて学ぶ

松という木についての生物学的展示。繊維を顕微鏡で見たり、本物の松の根が展示されていたりと科学館のようです。

f:id:sakuyaoi:20210318011912j:plain

f:id:sakuyaoi:20210318011915j:plain

三保の歴史や昔の写真

歴史年表と共に、かつて三保の旅館で販売されていた写真(絵葉書)なども展示されており、こちらも資料的価値はかなり高いと思います。

f:id:sakuyaoi:20210318011922j:plain

龍の松

神の道のあり一際大きく、老朽化による被害が危ぶまれ2015年に伐採された『龍の松』の断面も展示されております。年輪を数えると樹齢が分かるそうです。

f:id:sakuyaoi:20210318011919j:plain

三保に関するミニ図書館

三保や清水・富士山に関する郷土史資料も揃っているので、またゆっくり読みに来たいですね。

f:id:sakuyaoi:20210318011934j:plain

松のパーカッション

展示室にひとつ珍しい作品。こちらは神の道の倒木を使用したパーカッションとのことで、和を感じる不思議な音色が奏でられました。自由に体験できます。

松原保全事務所(2F)

f:id:sakuyaoi:20210318011906j:plain

松原保全事務所

2階の小さめの部屋、松原保全事務所と書かれていましたが、ガイドさんの待機休憩室としても使われるそうです。羽衣まつりの写真が飾られていました。

会議室(2F)

f:id:sakuyaoi:20210318011937j:plain

会議室

2階の奥には中規模の会議室。今後貸し出し利用も可能となるそうで、三保に関するミーティング等で使われることになりそうです。

テラス(2F)

f:id:sakuyaoi:20210318011925j:plain

イベントスペースとしても

2Fテラスは松にさえぎられて富士山は見えません。イベントスペースとして使用できそうな休憩テラスになっています。

オープン初日はオープニングイベントのミニマルシェが開催されていました。

屋上展望台(3F)

f:id:sakuyaoi:20210318011928j:plain

展望台

式サイトには2階までしか書かれていませんが屋上へ登れます。以前から使われていた松原のベンチがこんなところに。

f:id:sakuyaoi:20210318011932j:plain

この日は半分だけ

この日は晴れたものの雲に隠れて綺麗には見えませんでしたが、正面の山が富士山です。松越しの富士山が見える新しい展望スポットが出来ましたね。

せっかくなので海岸まで行って欲しいですが、風が強い日などは危険なので、ここから富士山を眺めてもらうのもいいかもしれません。

足湯(入口傍)

f:id:sakuyaoi:20210318011940j:plain

f:id:sakuyaoi:20210318011853j:plain

足湯

ほしるべ入口傍には無料の足湯も。お湯には静岡農業高校の松葉班制作、枯れ松葉を使用した松の入浴剤が入っています。

海岸を歩いた疲れを癒すのにももってこい!抗菌作用や生活習慣病予防にも効果があるそうですよ。

思った以上に見所豊富なみほしるべ。写真で紹介できない内容も多いので、是非立ち寄ってシアターや貴重な資料もお楽しみください!

スポット情報

施設名 三保の松原文化創造センター『みほしるべ』
住所 〒424-0901 静岡市清水区三保1338-45
連絡先 054-340-2100
駐車場 あり
アクセス JR清水駅より静鉄バス三保山手線 神の道入口 下車
定休日 なし
営業時間 9:00~16:30
詳細 公式サイト(三保松原)

関連記事

岡の観光情報はこちらから!