静岡市観光&グルメブログ『みなと町でも桜は咲くら』

最新の静岡グルメ&観光情報なども毎日更新!お腹いっぱいになることが生きがいな静岡市民の食べ歩きブログです!ガッツリ系ランチ探してます!

『焼鳥番長びっくり串』清水港の焼鳥店で昼から気軽にテイクアウト!

広告

広告

テイクアウトでおやつにも定番!
清水港エリアのお手頃焼鳥店!

水区万世町、清水駅と新清水駅前を通るさつき通り沿いにある焼鳥専門店。市内でも貴重な昼から夜までの通し営業で、気軽にテイクアウトできます。

焼鳥は12種類で鶏肉オンリー、2023年8月現在1本130円~140円。注文の際に味付と焼き加減を指定できるのも嬉しいです。

店内に簡易的なイートインスペースもあり、食事メニューは焼き鳥のみですがちょい飲み居酒屋感覚でも利用可能。おやつ時間にも買えて便利な定番店です!

店舗紹介

焼鳥番長びっくり串:雰囲気

外観

つき通り沿い、清水銀行本店と静岡銀行清水支店に挟まれた区画。レトロで小さな建物ですが、赤い提灯が目立っています。

窓口

引き戸を開けて直ぐが販売窓口。ケースに一度焼かれた串が並んでおり、購入時に再度仕上げ焼きをして熱々提供のスタイルです。

奥で飲食も可能

店内奥が簡易的なイートインスペースになっています。私はいつもテイクアウトなので利用したことないですが、お酒もあるそうなので一度ガッツリ食べてみたいですね。

焼鳥番長びっくり串:メニュー

メニュー

前は全品均一価格だったのですが、部位によって原価の差が激しくなったのか、130円と140円に分かれていました。塩かタレで選べますが、固定の品もあります。

また、ミディアム(普通)かウェルダン(かため)で仕上げの焼き加減を選択可能。基本はミディアムですが、レバーなど気になる方はウェルダンを選ぶそう。

イートイン限定ですがソフトドリンクもお手頃

グラス提供なのでイートイン限定ですが、ソフトドリンクメニューが格安。ちょっと摘まむ際にも気軽に追加できるのがありがたいですね。お通し代もありません。

定番の5本をお試し

焼鳥5本

生時代にはオープンしていたので、当時から1~2本おやつに買うのが定番でしたが、今回は紹介記事なので豪華...でもないですが5本!私の特に好きな5種になります。

もも塩

もも塩

定番のもも肉は旨味たっぷりで塩が最高!塩気強めで胡椒が効いている分、鶏の味も引き立ちお酒にも合いますね。脂は全体に満遍なく馴染んでる感じ。

肉質は柔らかくも、焼き目は香ばしく弾力あり。よく噛み締めてコクのある旨味を満喫できます!まずはこれな一本です。

砂肝塩

砂肝塩

茶苦茶コリコリ食感な砂肝。塩コショウの味わいはこちらもしっかり染みています。噛んでも噛んでも旨味が消えず、長く楽しめるのでコスパ的にも好きです。

少し焦げた部分がまたカリッとして食感の違いも良いのです。固いのにしっかりジューシー!炭焼きだからこその味わい。生の砂肝を自分で焼くのとは全然違いますね。

かしら塩

かしら塩

た違ったコリコリ系・かしら。身が引きしまっているというか、スジではないけど筋肉と脂身の間を食べているような、硬さと柔らかさのバランスが絶妙な部位。

砂肝以上に噛んでも噛んでも濃厚な旨味が消えない、硬い肉が苦手じゃない方には一番おすすめの一本です。

レバーたれ

レバーたれ

みに癖はありつつも、肉臭さは全くないレバー。しっとり柔らかな部分と、弾力のある部分(心臓?)が交互に。食感の変化が楽しいです。

しっかり火が通っているのに、パテのように滑らかなクリーミーさが最高で、こちらも焦がした部分のカリッと感がアクセント。タレの甘さもよく合います。

ねぎまたれ

ねぎまたれ

はももと同じですが、大きなネギと肉のカットも大き目なねぎま。香ばしく焼き目のついたネギは甘みも強く、シャキシャキ食感がお肉とも相性抜群!

必ず上の肉が大き目になっており、一口で1個めの肉&ネギを口に入れるのが最高の食べ方です。甘めのタレもバッチリ絡んで、こちらも外さない一本ですね!

お手頃価格&昼から気軽に逸品焼鳥がいただける定番店。是非お試し下さい!

店舗情報

店名 焼鳥番長びっくり串
住所 〒424-0826 静岡市清水区万世町2丁目3-1
連絡先 054-352-2600
駐車場 なし
アクセス 静鉄新清水駅より徒歩8分
定休日 不定休(基本無休)
営業時間 11:00~20:00
詳細 食べログ

関連記事

岡市の焼肉・肉料理店はこちら!