静岡市観光&グルメブログ『みなと町でも桜は咲くら』

最新の静岡グルメ&観光情報なども毎日更新!お腹いっぱいになることが生きがいな静岡市民の食べ歩きブログです!ガッツリ系ランチ探してます!

『ふかくら』清水魚市場の魚惣菜店で三保サーモンのおにぎり!

広告

広告

オリジナル魚おにぎりも揃う
魚市場の魚惣菜&干物店!

水区愛染町に本社を持つ、1907年創業の水産加工食材製造会社。清水魚市場・河岸の市内に、魚惣菜と干物販売の直売店を出店しています。

いちば館内にある物販のみ(テイクアウト専門)のお店ですが、海鮮丼やオリジナルの魚惣菜おにぎりも販売しており、イートインスペースも併設されています。

今回はまだ販売店舗が限られる、駿河湾の地下海水で育てられた清水の新ブランド・三保サーモンがおにぎりで気軽にいただけると聞き、立ち寄ってみました。

店舗紹介

ふかくら 河岸の市店:雰囲気

いちば館の真ん中辺り

ちば館南側の入口より4軒目。三保サーモンの旗が目印の、テーブルに様々な魚惣菜・海鮮丼などが並べられたお店がふかくらさんです。

イートインスペースあります

6席分ほどのイートインスペースあり。基本は出来合いテイクアウト販売のお店で注文メニューがある訳では無いですが、おにぎりなどをここで食べることもできます。

ふかくら 河岸の市店:メニュー

今回のお目当て

目当てのおにぎりは、海苔の上にご飯・大葉・メインの食材が乗った独特な形。定番ネタは明太子といくらくらいで、個性ある品が揃っています。

お目当ての三保サーモンの他、黒はんぺんフライ・葉わさびのり・うめぇじゃこ(梅じゃこ)・桜エビのかき揚げ他、各種干物のおにぎりも人気とのこと。

ちなみに河岸の市で三保サーモンを扱っているのはふかくらさんのみで、切り身でも販売しているそうです。

海鮮丼やすしなど

海鮮丼もネタがたっぷり乗って800円とお手頃、日によって変わると思いますが、赤身寿司やおにぎりのように具が入った変わり種いなりなどもありますね。

フライや煮つけも揃っています

由比産の黒はんぺんを使用したフライや、メカジキの唐揚げ・塩焼きなど、生魚が食べられない私でも美味しくいただけそうな魚惣菜が揃っていました。

向かいの干物店もふかくらさんです

ふかくらさんはいちば館の2テナント分向かい合う形で出店しており、もう一方は干物中心のお店として営業されていました。大きな干物と、塩辛系も充実しています!

ふかくらのおにぎり

ふかくらのおにぎり

回はお目当ての三保サーモンと、味の想像はなんとなく付きますが、由比産の黒はんぺんは初めてだったので合わせて買ってみました。

これまでの三保サーモン提供店・提供イベントは基本生食だったので、生食がダメな私は焼いた品が試せるだけでもありがたいです。しかも200円のおにぎりでお手頃!

ラップ巻きのシンプルな包装ですが、可愛い店名ロゴが付いています。

三保サーモンのおにぎり

大葉の上に三保サーモン

たいまま食べましたが、食感はふわふわに柔らか。トラウトサーモンの滑らかなくちどけに、身の締まりと風味にほんのり鮭感もある味わいです。

脂もしっかり乗っていますが、自然な甘さが前面に、大葉の効果もありくどさは無し。大きな癖や個性がある訳ではありませんが、定番に美味しくいただけますね。

海苔は巻かれてラップされていたのでパリパリ食感は皆無ですが、香ばしさと風味の良さは感じられ、柔らかめのご飯・塩気濃いめな三保サーモンともよく合いました!

はんぺんフライのおにぎり

ざく切りキャベツと黒はんぺんフライ

く切りキャベツたっぷり、酸味のあるソースがたっぷりかかった、由比産黒はんぺんフライのおにぎり。ごはんの量が三保サーモンより多いような?

衣のカリカリ感は残っていませんが、はんぺん自体がしっとりやわらかく、中心に向かってもちもち!甘みはあるけど魚臭さは全然ないタイプですね。

嫌な軟骨も残っておらず、食べやすい仕上がり。キャベツと衣の香ばしさが相性抜群で、おかずになる味わい。お腹にも溜まる逸品でした!

話題の三保サーモンもお手頃価格でいただける、 河岸の市の魚惣菜店。ぜひお試し下さい!

店舗情報

店名 ふかくら 河岸の市店
住所 〒424-0823 静岡市清水区島崎町149
連絡先 054-353-6811
駐車場 あり
アクセス 清水駅みなと口より徒歩5分
定休日 水曜日
営業時間 9:30~17:30
詳細 公式Instagram

関連記事

岡市の海鮮料理店の記事はこちら!