静岡市観光&グルメブログ『みなと町でも桜は咲くら』

最新の静岡グルメ&観光情報を毎日更新!地元民のリアルな視点で全力食レポ!静岡市民がもっと静岡を好きになる・市外の方が静岡に興味を持ってもらえるWEBマガジンを目指しています!ζζ

【おしらせ】現在新型コロナウイルスの影響で営業時間、提供内容が異なる店舗もございます。
年末年始の営業も同様に内容が異なる場合がございます。二点予めご了承ください。

『石垣いちご狩り』静岡市久能いちご海岸通りで旬のいちご狩り体験!

f:id:sakuyaoi:20201219225841j:plain

静岡市のブランド章姫を独り占め!
久能の石垣ハウスでいちご狩り!

岡市清水区と駿河区の海岸線『久能街道』は別名『いちご海岸通り』と呼ばれ、石垣上に作られたいちご狩りハウスが建ち並んでいます。

いちごは静岡市の特産品の一つでもあり『紅ほっぺ』『章姫』と近年開発された『きらぴ香』の3種が有名。今回は10年以上ぶりにいちご狩り体験をしてきました!

シーズンは12月から4月末まで、園によって開催期間は異なります。シーズン中いちごを使ったスイーツを提供しているお店もありますよ!

広告

 

かどやいちご狩り園

f:id:sakuyaoi:20201219225838j:plain

かどやいちご狩り園

回利用させていただいたいちご狩りハウスは『かどやいちご狩り園』さん!久能山東照宮の階段下そばにある老舗ハウスです。

f:id:sakuyaoi:20190425010008j:plain

左を見ると

道を挟んで左側すぐに久能山東照宮の階段の入口。いちご狩り利用のお客さんは久能山観光の間も駐車場利用可能など特典があります。

地元の人間でも中々久能山下には来ないので、雨が降ってなかったら登りたかったですね~1159段ありますけどね。

いちご狩り体験料金

f:id:sakuyaoi:20190425010005j:plain

かどやさんの受付にはお土産売り場も

ちご狩りの体験料金はどのハウスも月によって替わります。12月~1月のオープン時期が一番高く、月を追うごとに割引されていく形です。

かどやさんは、12月~1月 2000円 / 2月 1800円 / 3月 1600円 /4月~シーズン終了まで 1200円でした。どこのハウスもこれくらいの価格帯です。

4月以降安いとはいえ、シーズンはもう終盤。大きな旬のイチゴを食べるなら3月までですね。年末年始・春休みは混むので2月の平日がねらい目ですね。

じゃらん特典のいちごジュース

f:id:sakuyaoi:20190425010016j:plain

今回のセット

付をしてヘタを乗せるお皿・コンデンスミルク・いちごジュース券を受け取りました。いちごジュースはじゃらんからの予約特典です↓

【じゃらん】かどやいちご狩り園【ネット予約・ポイント対応】

基本どの農園も予約制になっていますが、ネット予約可能な店舗は期間による料金設定などが分かりやすくて良いですね。

f:id:sakuyaoi:20190425010002j:plain

いちごジュース

特典でいただいたいちごジュース、口コミでは味見程度と書いてあってそれほど期待していなかったのですが、かき氷に使ってそうな大きなプラカップでいただきました!

その場でミキサーに苺を放り込んで生絞り、ものすごく濃厚で甘く、かつフレッシュな一杯でした。特典が充実しているとお得感ありますね。

石垣ビニールハウスでいちご狩り

f:id:sakuyaoi:20190425005958j:plain

段になって並ぶビニールハウス

よいよいちご狩りハウスへ進みます。石垣いちご狩りはその名の通り、石垣の段になった立地で栽培されており、ハウスも段状に連なっています。

手前側はもうほとんど狩り尽くされてしまったようで、結構上の方のハウスまで案内してもらいました。

f:id:sakuyaoi:20190425005955j:plain

着きました!

ハウスに番号が振ってあり、予約ごとにどのハウスか事前に決められているみたいです。入口で農園のおじさんから狩り方の説明があり、説明後30分が体験時間です。

4月以降はシーズン終盤

明も終わり、ハウスに入りました。あれ?

f:id:sakuyaoi:20190425005949j:plain

あれ?イチゴは

いちごが全然ない...!?

f:id:sakuyaoi:20190425005935j:plain

ありました

下の方にはたっぷりありました。

シーズン終盤の4月は取り尽くされたいちごが最後の増え始めの途中。タイミングが悪いとあまり取れず、かつ大きいいちごは残りにくいとのこと。

とはいえ成長しきった葉っぱに隠れていただけで、しっかりといちごは残っています。確かにちょっと小さいですけどね。

正面から見てもずらっと並ぶ大きないちごを味わいたい方は1月~3月前半までがお勧めです。混む上に料金は結構変わるので、その辺りは望みの体験とお財布を相談...。

いちご狩りスタート

f:id:sakuyaoi:20190425005942j:plain

並ぶイチゴ

較的大きめないちごは一部に集まっています。こんな感じで並んでいるところを一気に攻めるわけですね。

かどやさんのイチゴは『章姫(あきひめ)』縦に長いのが特徴で酸味が少なく糖度の高い品種です。

かつては久能のいちごと言えば章姫でしたが、現在は『紅ほっぺ』が7割となっており、章姫中心のハウスは珍しいです。でもこちらが元祖久能いちごですから!

今回は一人だったので『半分くらいまで全部食べちゃっていいから』とかなり自由な感じでしたが、団体の場合は結構狭く区画されるそうです。

f:id:sakuyaoi:20190425005932j:plain

隙間のいちご

下部のいちごの方が見つけやすいですが、葉っぱの隙間にあるいちごもちゃんと育ったものがありますよ!

いちごの上手な取り方は、赤い実の部分だけを掴んでちょっと力を入れてひねる感じ。茎とヘタの間が脆く、実を掴んだ方が力が加わりやすいそうです。

コンデンスミルクを付けて

f:id:sakuyaoi:20190425005939j:plain

甘いいちごをさらに甘く

れが本当のいちごミルク!セットでついてきたコンデンスミルクにたっぷり浸して食べます。単体でもフレッシュな甘さですが、ミルクを付けるとスイーツな甘さに。

ミルクの量は少な目に見えますが、小さいいちご50個程度ならちょうどいい量でした。

f:id:sakuyaoi:20190425005945j:plain

美しい

章姫は甘いのでミルクを付けなくても充分楽しめますが、この背徳的なダブルな甘さがいちご狩りの醍醐味ですよね...!

育成途中のいちごを観察

f:id:sakuyaoi:20190425005952j:plain

まだ花

だ身が白く硬い状態や、花が咲いたばかりの状態など、赤いいちごになる前の状態の実物が見れるのもハウスならではですね!

こういう観察も楽しいかも。とはいえ取材で写真撮るのが目的じゃなければ、30分と長くはないのでひたすら食べることになると思います。

f:id:sakuyaoi:20190425015945j:plain

美味しくいただきました

というわけで写真を撮っていたらあっという間に30分経ってしまいました。タイマーなどは無く結構緩いので多少超過しても大丈夫そうですが時間通りに離脱。

それでも50粒ほどは食べたと思うので、焦らずとも結構満喫できますよ!お皿とヘタなどは受付で回収していただけます。

是非一度は久能のいちご狩りを体験しに来てくださいね!

店舗情報

店名 かどやいちご狩り園
住所 〒422-8011 静岡市駿河区根古屋404-1-1
連絡先 054-237-0543
駐車場 いちご狩り利用者は無料(通常500円)
アクセス 静岡駅南口から静鉄バス久能山下行
久能山下 下車
定休日 無休
営業時間 9:00~16:00
予約 【じゃらん】かどやいちご狩り園【ネット予約・ポイント対応】

関連記事

静岡市の観光・体験記事はこちらから