静岡市観光&グルメブログ『みなと町でも桜は咲くら』

最新の静岡グルメ&観光情報を毎日更新!地元民目線で全力食レポ!お財布に優しいランチを積極的にまわってます!

『飯塚製菓』静岡のレトロな手作りアイス直売店!

気軽に立ち寄れる直売店で
懐かしスタイルの駄菓子屋系アイス!

区新通にある老舗の氷菓メーカー。田子重などでも販売している、静岡市内限定のアイスがあることは知っていましたが、直売もしていると聞いて行ってみました。

冷凍ケースのみの店内でイートインなどは有りませんが、手作りの様々なアイスが並び、懐かしい形の品も多くて色々試してみたくなっちゃいますね。

アイスの原料には安部川の伏流水を始め、静岡県内外のこだわりの食材を使用しているものもあり、シンプルながらここだけの逸品をいただけますよ!

店舗紹介

飯塚製菓:雰囲気

外観

前からはやや離れた新通り沿い、住宅の玄関部分で販売しているような店舗なので、存在を知らないとなかなかたどり着かないと思います。

唯一目印になっている看板は、しっかり読める程度に綺麗に擦れて芸術的ですね。

3畳ほどのスペースにケースが並んでいるのみの店内。誰も居なかったので一瞬無人販売かと思いましたが、入店ベルが鳴ったのか奥から店主のおじさんが出てきました。

飯塚製菓:メニュー

アイスのケース

売アイスはすべて手作り。スーパーに卸している市販品なので紛らわしい表現になりますが、他社の市販品氷菓は置いてません。

売り切れはないように常に補充しているとのことで、もしお目当ての品がなかったら、店主のおじさんに尋ねると補充していただけます。

アイスケースは3つ並んでいましたが、販売商品が入っているのは写真の1つだけ。もう1つは取り置き用、3つ目は業者卸用みたいです。

可愛い商品一覧など

壁には販売アイス一覧の可愛いメニュー表。昔ながらの定番アイスが色々揃っています。袋アイス・ボンボンアイス・フルーツ型のカップは最近殆ど見ないですね。

懐かしのアイスを豪遊

ボンボンアイスとゆずカップ

遊と書きましたが2種です。小学生時代のお小遣い感覚では、100円でアイスは1つしか買えませんでしたからね。ボンボンアイス90円+ゆずカップ140円(税別)でした。

懐かしいという感覚もあくまでイメージで、小さい頃にメロンの形をした右のアイスは食べた気がしますが、ボンボンアイスは写真でしか見た事が無かったので初挑戦です。

ボンボンアイス

食べ方知りませんでした

弾プリンのように針で刺して皿に盛り付けるものなのかとイメージしてましたが、この先っぽの部分に穴をあけて、溶けだした部分を吸って食べるのが正解なんですね。

チョコ味を選びましたが、シェイクのような味わいでスッキリとした甘さ。クリーミーながらくどさはなく、夏でもさっぱり美味しくいただけました。

なかなか出てこないと思ったら一気に噴き出したりして、食べ方のコツが気になります。どんどん小さくなっていく様子も含めて、食べるのが楽しい駄菓子感覚ですね!

ゆずカップ

ゆずカップ

橘系の酸味がスッキリと、仄かな甘みに皮の苦みも混ざった、しっとりとした口当たりのシャーベット。シャクシャクとかき氷に近い感覚です。

メロンアイスの甘々なイメージでしたが、こちらはゆずなので存外大人向けな味。体が涼しくなるとてもさっぱりな仕上がりで、食後のデザートにもピッタリですね。

コンビニアイスも良いですが、こういう定番な美味しさで食べることを楽しむ感じのアイスを、これからの子供達にも試してもらいたいななんて思いながらいただきました。

勿論大人でも買えますので、静岡の水を使用した昔ながらの美味しいアイスを是非お試し下さい!

店舗情報

店名 飯塚製菓
住所 〒420-0065 静岡市葵区新通1丁目10-2
連絡先 054-253-0841
駐車場 あり
アクセス 本通八丁目ラペック静岡バス停より徒歩1分
定休日 日曜日
営業時間 9:00~18:00
詳細 食べログ

関連記事

岡市のスイーツ記事はこちら!