静岡市観光&グルメブログ『みなと町でも桜は咲くら』

最新の静岡グルメ&観光情報なども毎日更新!お腹いっぱいになることが生きがいな静岡市民の食べ歩きブログです!ガッツリ系ランチ探してます!

【閉店】『イムアロイ』新清水駅近くのタイ料理専門店でパネーンムー!

広告

広告

新清水駅近くの
ランチがお得なタイ料理店!

水区相生町、静鉄新清水駅近くに2022年12月にオープンしたタイ料理専門店。清水区内では貴重な、本場の味・辛さを楽しめるお店です。

元は居酒屋だった店舗を使用しており、一人でもカジュアルに立ち寄れる雰囲気。ランチはグリーンカレーなど、ご飯×おかずのシンプルな料理が600円均一のお手頃価格で。

メニューは日本語表記ですが、名前や写真からは味の想像がつかない、本格的な品が揃っています。今回はココナッツミルクベースで甘辛なパネーンムーをいただきました!

※2023年10月確認。閉店されていました。

店舗紹介

イムアロイ:雰囲気

外観

イ国旗カラーの青と赤が目立つ外観。看板も分かりやすいです。新清水駅前より南側へさつき通りを進んだ1本目の交差点を巴川側へ。駅から徒歩2分程の好立地です。

店内

レイアウトやテーブルなどは個人居酒屋の雰囲気そのものですが、他のタイ料理店で見たようなコントラスト高めな象の絵があったりと、その辺りは必須要素なのですね。

カウンター4席・4人掛けテーブル2・2人掛け2と席数は少な目。天井近くのモニターでタイ楽曲のDVDを流しており、雰囲気はバリバリ異国情緒出てます。

タイ料理店あるある?

店内の一角でフルーツ缶などが売られているのも、市内のタイ料理店で何度も見た光景。なにか独特な決まりや要素があるのかもしれません。

追加スパイスや砂糖もあり

卓上にはクルワンプルーン(タイの調味料セット)では無いですが、ナンプラー・さとう・とうがらしと並んでいます。

他のタイ料理店で学んだ話ですが、この砂糖もドリンク用ではなく、料理の調整に使うそうなんですよ。他のエスニック系には無い文化ですよね。

イムアロイ:メニュー

ランチと麺メニュー

ニューは全品写真付き。料理の解説文などは無いので、見た目の直観で選ぶか、どういう料理なのかはスタッフさんに聞けば教えて貰えます。

ランチはご飯×汁物 or 肉系のおかずのシンプルなプレートが5種類。600円均一と気軽にタイ料理を試せる価格がありがたいです。

+150円で目玉焼き or サラダと選べるドリンクのセットが付けられます。

その他のメニューの一部

メニュー数はかなり多く、いずれも名前と写真だけではどういう味なのか分かりません。この他に唐揚げなどの定番おつまみ系もありました。タイのお酒も揃っています。

パネーンムー

パネーンムー

ンチからどれにしようか悩みましたが、ガパオライス・トムヤムクン・グリーンカレーは経験済みなので、名前の響きも聞いたことが無いパネーンムーをチョイス。

スタッフさんはココナッツミルクを使った辛くないカレーと教えて下さいましたが、一口目から普通に辛い!激辛!これぞタイ料理って感じの辛さが襲ってきます。

まあ【甘くて酸っぱくて辛い】のがタイ料理なので、これくらいの辛さは辛くないの部類なのかもしれません。風味の方向性的には緑じゃないグリーンカレーといった所。

唐辛子ベースの酸味・辛さが奥から突き刺すように広がり、その後からココナッツミルクのコクと、砂糖も加えた甘さがどちらもガツンと広がる、甘辛な濃い味です。

辛くて甘い肉炒め?

本場な辛さですが旨味も効いてます

肉の量がかなり多く、カレー系の品としてはスープの部分が少ないので、どちらかというとガパオライスとかの肉ごはん料理な印象でしたね。

肉の旨味が効いて、スパイスの風味もよく合って後を引く、白米が進む味でした!

量的には満腹になるまでのボリュームではありませんが、珍しいタイ料理をこの価格帯で試せる満足感は高かったです。足りなければ2品頼んでも良いですからね。

新清水駅近くで本格的なタイ料理をいただける新店舗。是非お試し下さい!

【イムアロイ】甘辛ガツンとタイ料理・パネーンムー!【静岡市清水区】- YouTube

店舗情報

店名 イムアロイ
住所 〒424-0821 静岡市清水区相生町3-12
連絡先 054-659-8185
駐車場 なし
※店前に駐輪・バイクは置けます
アクセス 静鉄新清水駅より徒歩2分
定休日 日曜・不定休あり
営業時間 11:30~14:00 17:30~22:00
詳細 なし

関連記事

岡市のエスニック記事はこちら!