静岡市観光&グルメブログ『みなと町でも桜は咲くら』

最新の静岡グルメ&観光情報なども毎日更新!お腹いっぱいになることが生きがいな静岡市民の食べ歩きブログです!ガッツリ系ランチ探してます!

『JUGO(ジューゴ)』七間町の洋菓子店すずとらがリニューアル!

広告

広告

リニューアルした七間町の人気店で
甘酸っぱいいちごジェラート!

区七間町の端にある洋菓子店『すずとら』さんが、2023年9月15日にリニューアル!店名も新たに、パフェ・エクレア・ジェラートが看板のお店になりました!

以前から人気のケーキや、すずとらさんの名物だった猫のスイーツも引き続き販売。立ち食いですがイートインのテーブルも用意され、パフェとジェラートを気軽に!

元々は、JR新蒲原駅前にすずとらさんプロデュースでオープンしたジェラート専門店の店名で、東海道五十三次の蒲原宿が15番目の宿場町だったことが由来だそうです。

店舗紹介

JUGO(ジューゴ):雰囲気

外観

間町通りを南西へ進んだ、葵区七間町の一番端の区画。横に長いテナントビル『人宿町離宮』の角の店舗です。ビルの裏側はもう人宿町というギリギリな場所ですね。

以前は窓にロゴなどがあるだけで目立ちにくい外観でしたが、新しい店名が書かれた立て看板や、ジェラートののぼりが出て分かりやすくなっていました。

店内

入ってすぐ右側にケーキのケース、左側にジェラートのケース。新蒲原の店舗は生ジェラートですが、こちらはカップ製品のみの販売です。

奥は焼き菓子コーナーと、立ち食いのイートインスペースが3人分程のテーブルで用意されています。

JUGO(ジューゴ):メニュー

ケーキ

節に合わせたケーキは、市内では貴重なチョコミントも!カップケーキとパフェの間のようなスイーツ・ヴェリーヌも気になります。

よく見ると、上の段はほとんどエクレアで、ケーキのように豪華なクリームやトッピングが乗った品でした。

パフェもあります

先ほどのヴェリーヌにジェラートとお洒落な装飾を乗せたパフェも販売されています。こちらもイートイン可能とのこと。パフェメニュー限定のシャインマスカットも!

こちらは以前用宗の【マル・メール】で働いていたパティシエさんの品とのこと。

今回のお目当てジェラート

ジェラートはカップですが種類は豊富!いちご・ミルク・チョコなど定番の品に、グレープやマンゴーとフルーツ系、焼き芋やラムネとジェラートとしては少々変わり種も。

右側にはジェラートをエクレアで挟んだ新メニュー・エクジェラもあります。料金は均一で、オープン初日時点ではジェラート480円・エクジェラ420円でした。

豊富な焼き菓子とすずとら名物

新しいロゴマークの付いた焼き菓子も色々。すずとらさん名物の猫のスイーツも並んでいました。贈り物にピッタリなセットもありますよ!

JUGOのいちごジェラート

いちごジェラート

回はイートインスペースでジェラートをいただいてみました。シンプルなカップのいちごをチョイス。スプーンは木製のものを無料で付けて貰えます。

結構たっぷり

カップも大き目で食べ応えある量。カービィのような綺麗なピンクに、種の粒が少し見えています。

シンカンセンスゴイカタイアイス程ではありませんが、初めのうちはスプーンが刺さらない程カチカチなので、表面を削りながら少し溶けてくるのを待ちましょう。

甘酸っぱいシャーベット系

濃厚いちご×シャリシャリ食感

ャリシャリ系で軽い口当たりのシャーベットのような食感。いちごの甘酸っぱさがぶわっと広がり、瑞々しい生果実感のある風味に練乳を混ぜたような味わいです。

口の熱でジュワっと溶けて滑らか、ヨーグルトも入っているようでミルク感にコクがあり、酸味も一辺倒にはならず、後味スッキリと飽きの来ない美味しさでした!

ケーキのイートインはできませんが、近隣のカフェなど提携した持ち込み可能店もあるそうなのでスタッフさんへお尋ねを。新しくなった人気洋菓子店、ぜひお試し下さい!

店舗情報

店名 JUGO(ジューゴ)
住所 〒420-0035 静岡市葵区七間町19-1
連絡先 054-251-0200
駐車場 なし
アクセス JR静岡駅北口から徒歩15分
定休日 不定休
営業時間 月~土 11:00~19:00
日・祝 11:00~17:00
詳細 公式Instagram @sweetsandgelato_jugo

関連記事

岡市のスイーツ記事はこちら!