静岡市観光&グルメブログ『みなと町でも桜は咲くら』

最新の静岡グルメ&観光情報を毎日更新!地元民目線で全力食レポ!お財布に優しいランチを積極的にまわってます!

『どらやきの河内屋』静岡浅間通りの焼きたてどら焼き行列店!

平日でも行列注意
実演販売の名物どら焼き!

区馬場町、静岡浅間神社前・浅間通りの和菓子店。実演販売でベテランの技を楽しみながら、焼き立てをいただくこともできるどら焼きが名物です。

1988年創業と超老舗という訳ではありませんが、葵区の定番土産の一つとして長年人気のお店です。近年は全国放送番組での紹介もあり平日でも行列が絶えないレベルに。

生地にも餡にもこだわった、見た目はシンプルながら満足度の高い逸品どら焼き。その他にも団子巻きなど独自の和スイーツが揃っています!

どらやきの河内屋

10時頃に来てみました

外観

店したばかりの河内屋さん。銅板の前には仕込み中の文字、柱に【どら焼きを焼く時間のお知らせ】が書かれています。

どら焼きは11時半から焼き始め、午前の分が売り切れると一旦終了。15時半から再び焼き始め、午後の分が売り切れ次第店じまいとなっています。

焼いていない時間は、店頭に並んだ既製品の和菓子のみの販売です。

焼き時間に再訪

焼き始め時間は既に行列

間神社で時間をつぶし、11時半の焼き時間に再訪。既に10組以上の行列ができていました。焼き時間ピッタリじゃなくてもう少し前に来るべきでしたね。

どら焼きは1日約350個限定・一人5個までがルール。5個買っていく人が多いようなので大体70人~80人分くらいしか無いと思って早めに並んだ方が吉です。

常に焼きながらの提供な為、完成品をスムーズに買ってどんどん列が捌ける訳ではなく、一組の待ち時間が結構長め。10組ほどの前客でも30分は待ちました。

ご夫婦二人のみで経営されている為、整理券を配ったりなどのサービスはありません。せっかく並んでもその場で売り切れという残念なパターンもあるのでお早めに。

どら焼きができるまで

職人技の実演販売

手作業なのにサイズが均一!

麗な銅板に手作業で生地を乗せていきます。専用のお玉ではありますが、型なども無しにこれだけ均一なサイズを出せるのは、まさにベテランの職人技ですね。

焼き加減も正確です

1分ほどで片面が焼き上がり、もんじゃ焼きのような小さなヘラでひょいひょいとひっくり返していきます。焼き色も均一で並んだ姿もとても綺麗ですね。

ホットケーキみたいな見た目でそのままバターと蜂蜜で食べたくなります。

餡を入れてラッピング

あんこをたっぷり入れて

枚ずつ焼けた生地を重ね、次が焼きあがるまでのタイミングで餡を詰めていきます。隙間を作る為か、重ねる際に一部をくぼませていました。

f:id:sakuyaoi:20210207033803j:plain

パックします

最後はとてもレトロな謎のマシンで包装していきます。焼き立てなのに既製品のような姿に早変わり。これでどら焼きの完成です。

その他のメニュー

その他のメニュー

ら焼きの焼き時間以外でも販売しているのは、写真下のケースに並んだ木製品の和菓子、バナナカステラ・ようかん2種・ショウガの砂糖漬けのみとなっています。

焼き時間内は他に、『団子巻き』とあんこを薄皮で巻いた『どんなもんじゃ』も販売。こちらはどら焼きの間に焼いていくので在庫はタイミング次第です。

河内屋のどら焼き実食

河内屋のどら焼き

『浅間通り 銅鑼焼 河内屋』のパッケージ。シンプルな見た目ですが、知名度の高い今ではお土産として貰ったらあのどら焼きの!と気づく方も居るかもしれませんね。

2022年6月現在1ヶ140円となっています。

厚皮もっちりどら焼き

厚皮&あんこたっぷり

ん中にたっぷりあんこが詰まっているのもありますが、焼いていたときに比べて生地が随分厚く見えます。パンケーキ2枚で挟んだようなボリューム感ありますね。

もちっと食感から中はふんわりな皮。蜂蜜の風味が強く、少し塩気を感じるのは醤油を隠し味に入れているからとのこと。見た目はシンプルながら結構個性ある味わいです。

パサつきも無くしっとりと、飲み物無しでも食べやすいのが絶妙です。もちろん静岡茶やコーヒーにも合う味ですが。

あんこもさっぱり美味しい

もっちり甘すぎない逸品です

っぷりあんこはさっぱりとした甘さで、皮の甘さと合わさってもくどさを感じない、こちらも素晴らしいバランス感。層が厚いので粒の食感も楽しめます。

甘い物は沢山は食べられない私でも、2個ならお茶と一緒におやつでペロリと言った食べやすさでした。ボリュームあるので夕飯頃までお腹が膨れてしまいましたが。

団子巻きもオススメ

薄いどら焼きの皮で包みます

ら焼きより数量少な目なのであったら是非試していただきたい『団子巻き』炙った団子にあんこを乗せ、それを薄く焼いたクレープのようなどら焼き皮で包んだ品。

団子巻き

団子自体が冷たくなっても柔らかく、もちもちと充実の食感に相性抜群なあんこ。そこに薄皮の香ばしさと、しっとり感が追加された不思議な食感と風味。

味のベースはどら焼きに近いのですが、ただ餅を加えたどら焼きって感じでもなく、独自の魅力ある逸品です。2本で180円(2022年6月現在)とお手頃ですよ!

今回はテイクアウトでしたが、出来立てをいただくことも可能です。ベテランの技を目で楽しみながら、是非おまち名物の逸品どら焼きをお試しください!

【どらやきの河内屋】静岡浅間通り名物!ライブ販売のどら焼き店! - YouTube

店舗情報

店名 どらやきの河内屋
住所 〒420-0867 静岡市葵区馬場町12-1
連絡先 054-271-4363(予約はできません)
駐車場 なし
アクセス 新静岡駅より徒歩10分
定休日 月曜日・日曜午後
営業時間 10:00~午後のどら焼きが売り切れ次第終了
どら焼きの販売は11:30/15:30
詳細 食べログ

関連記事

岡市のスイーツ記事はこちら!