静岡市観光&グルメブログ『みなと町でも桜は咲くら』

最新の静岡グルメ&観光情報を毎日更新!地元民のリアルな視点で全力食レポ!静岡市民がもっと静岡を好きになる・市外の方が静岡に興味を持ってもらえるWEBマガジンを目指しています!ζζ

当ブログで紹介している店舗のメニューは一部2019年10月の増税前のものもあり、最新の価格と異なる場合があります。
現在新型コロナウイルスの影響で営業時間、提供内容が異なる店舗もございます。二点予めご了承ください。

『リバティーリゾート久能山』日帰り温泉とグルメのお洒レトロなテーマパーク!

f:id:sakuyaoi:20201101043912j:plain

久能山の温泉施設が復活!
静岡グルメも揃う町屋エリアも!

駿河区古宿の徳川家康を祀る久能山東照宮からもほど近い山の中にある、温泉&グルメやショッピングエリアを含む日帰りテーマパーク。2020年10月31日にオープン。

昨年まで大江戸温泉物語『すんぷ夢広場』として温泉のみ営業をしていましたが、静岡市のシステム会社Liberty(リバティー)が再開発する形で町屋エリアを復活させ、再びテーマパークとしてリニューアルしました。

温浴施設内のレストランの他、町屋エリアには静岡市内の人気店が出店。ライブハウスやスタジオなどイベント用レンタルスペースも。オープン初日に取材しました!

広告

 

2020年10月31日リニューアルオープン!

f:id:sakuyaoi:20201101050201j:plain

オープニングイベントの様子

ープン初日の10月31日と11月1日は各日2000名の温泉無料招待DAYとなりました。私もしっかり予約して訪問。2日間のみのスペシャルステージも開催されていましたよ。

f:id:sakuyaoi:20201101043906j:plain

駐車場も広くなりました

現状シャトルバスの運行は無いそうで、その分駐車場スペースを広めに確保。以前ゴーカート場だった区画も駐車スペースになっています。

バスでのアクセスも静岡駅から乗り継ぎが必要+本数も少なく徒歩移動も結構あり。基本的には自動車かタクシーがオススメですね。

地元グルメや箱モノ施設『町屋エリア』

f:id:sakuyaoi:20201101043909j:plain

エリアガイド

ちらの施設、実はそこそこ歴史があり、最初のオープンは2006年。

東京ドーム2.4個分の敷地に、23の温泉と沢山のお店が並ぶ町屋エリアの日帰りテーマパークとして、最初は沢山のテナントが入っていました。

しかし今以上に観光地化のされていなかった静岡市、アクセスのしにくさ等からも人気も低迷していき、何度か運営会社が変わりながら、都度規模縮小。

最終的に町屋エリアはほぼ廃墟でした。もう一度地域の活気を取り戻したいと、Liberty社長自ら声をかけて周り、町屋エリアごと復活&お洒落に大改装が実現しました。

市内の名店も並ぶグルメ街

f:id:sakuyaoi:20201101043853j:plain

見知ったお店も

しくなった町屋エリアには、市内の人気店も多数出店。徳川の城下町をイメージした、レトロでお洒落な統一された雰囲気の町並みになっています。

写真のtea+さんは当ブログでも紹介したミルクティ&フルーツティ専門店ですね。

f:id:sakuyaoi:20201102041413j:plain

和膳二代さん

その他にも登呂のそば半さんや、 和風たまごサンドの和膳二代さんは久能山ではたまごドッグを販売。焼肉店や静岡おでんのお店など幅広く揃っています。

町屋エリアの店舗一覧はこちらから

kunozan.jp

f:id:sakuyaoi:20201101043737j:plain

イートインスペース

各テナントはテイクアウトで販売するお店が中心になっており、町屋エリア2か所にあるイートインスペースで飲食可能です。

f:id:sakuyaoi:20201101043749j:plain

地場産品の土産処もあります

飲食店の他にも、静岡市内企業のブランド製品が並ぶお土産コーナーなど、地域に根差した出店が並んでいます。

イベント用レンタル箱モノ

f:id:sakuyaoi:20201101043856j:plain

ライブハウス

日は内覧会が行われていましたが、キャパ100人程度の小さめのライブハウスなど、今後イベント用にレンタルが可能になる箱施設が揃っています。

f:id:sakuyaoi:20201101043903j:plain

スタジオ

ダンスレッスンなどにも使用可能なスタジオ。ロッカーやマットなどが並んでいました。フロア面積150坪と広めです。

f:id:sakuyaoi:20201101043744j:plain

シアター

演劇などに使用可能なシアター。こちらは解放されていませんでしたが、客席200人分あるとのことなので奥に広そうですね。

景色が綺麗なテラスもありました

f:id:sakuyaoi:20201101043746j:plain

駿河湾を見渡せます

タジオの裏手がカフェになっており、駿河湾を見渡すオーシャンビューなテラス席が用意されていました。風も気持ち良い晴れの日にゆったりくつろぎたいテラスです。

1時間から気軽に日帰り温泉『温浴エリア』

f:id:sakuyaoi:20201101043850j:plain

いよいよ温泉へ

f:id:sakuyaoi:20201101043752j:plain

入口

浴エリアへは赤い橋を渡ります。千と千尋の神隠しみたいで雰囲気良いですが、この橋は2006年からずっと架かっている為か行列中滅茶苦茶揺れて怖かったです。

f:id:sakuyaoi:20201101043730j:plain

館内図

温浴エリア内も温泉だけではなく、食堂やリラクゼーション、宿泊施設も併用されており、こちらの方が町屋エリアより広く感じますね。

ここから有料エリアです

f:id:sakuyaoi:20201101043755j:plain

靴箱

箱ロッカーは簡単なタイプで、鍵は受付で預からず自分で持っておく形になっています。無くした場合は2000円取られるそうなのでご注意を。

f:id:sakuyaoi:20201101043758j:plain

受付

初日なので行列用の仕切りがありましたが、受付手前がお土産コーナーになっています。こちらも静岡らしい食品中心に並んでいました。

f:id:sakuyaoi:20201101043848j:plain

利用料金

こちらが利用料金。平日は1時間500円から、フリータイム2000円まで。温浴エリア内の食事などの時間もカウントされますが、温泉だけ目的なら1時間~3時間で充分かな。

土曜日限定で23:00~翌朝8:00まで利用可能なオールナイトがあります。その他タオルや館内着は別料金、三点セットもありますね。

なお初めにWEBの会員登録が必須となっており、免許証など個人証明が必要となります。一度登録すれば会員サイトのバーコードですぐ受付できます。

2つのくつろぎ食事スペース

f:id:sakuyaoi:20201101043801j:plain

受付から階段を下りて

付で防水のリストバンドを受け取り利き手に装着。取り外し不可で最後に切って捨てるタイプ。帰る際に受付で切るまでは必ず付けておきましょう。

温泉は受付横の階段を下りた正面の先にあります。階段の左右は休憩スペースと軽食処になっており、こちらも町屋エリア同様にレトロでお洒落な雰囲気ですね。

左側は軽食処

f:id:sakuyaoi:20201101043804j:plain

軽食処

f:id:sakuyaoi:20201101043809j:plain

メニュー

段下左は軽食処。店名の漢字が読めません。1本100円の静岡おでん各種と富士宮焼きそば。その他は定番のホットスナックと極シンプルなおつまみ。

アルコール中心にドリンク類は豊富に揃っています。本気のジュースが気になります。観光施設としてはソフトドリンクが安い気も?こんなものかな?

f:id:sakuyaoi:20201101043807j:plain

奥には小さなゲームコーナー

軽食処の奥が小さなゲームコーナーになっていました。老舗旅館の隅の部屋にありそうな、古過ぎはしないけどひと昔前な感じのラインナップです。

右側はレストラン

f:id:sakuyaoi:20201101043819j:plain

広くお洒落なレストラン

段右側の休憩スペース手前側に入口があり、こちらは席数多めのレストラン。お庭の緑と、幻想的な灯りがお洒落な落ち着くフロアです。

f:id:sakuyaoi:20201101043812j:plain

f:id:sakuyaoi:20201101043816j:plain

メニュー

軽食処とは異なり、しっかり定食系の食事メニューやおつまみも揃っています。お値段的にもこちらは観光施設っぽい価格帯ですね。

特選メニューと銘打たれたカレー&シチューの他、ご当地グルメ各種に刺盛りも各種。こちらもアルコールメニューが豊富で温泉から出てすぐお昼から飲めますよ。

宴会場と宿泊エリア

f:id:sakuyaoi:20201101043823j:plain

左は宴会場 右に各種個室

憩スペースとレストランの先の廊下を進み、こちらは宴会場と宿泊エリア。左側に宴会場3部屋、右側から奥にかけて大きさの違う個室が14部屋あります。

既に宿泊も予約受付しており、公式サイトより予約できます。まだじゃらんなどには対応してないみたいなのでGoToトラベルは適用されませんけども。

客室は6畳~15畳、露天風呂付きのお部屋もあるそうです。プランは素泊まりのみで、飲食は館内レストランでとのこと。

f:id:sakuyaoi:20201101043825j:plain

宴会場『岡崎』

f:id:sakuyaoi:20201101043828j:plain

お庭が綺麗

宴会場も綺麗でお洒落。お庭の眺めも良く、くつろぎながら盛り上がれそうです。現状宴会場の予約などの詳細は出てなかったので、どういう形になるのかは不明ですが。

広い露天風呂の温泉エリア

f:id:sakuyaoi:20201101043845j:plain

入口

前から周っているので温泉の紹介が最後の方になってしまいました。階段下の廊下を真っ直ぐ進んだ先に男女別の入口があります。

左の階段を上った先はマッサージ&リラクゼーションルーム。後程紹介しますね。

f:id:sakuyaoi:20201101043734j:plain

温泉(公式サイトよりお借りしました)

温泉内の写真は撮れないので公式サイトからお借りしました。温泉それぞれに名前が付いており、男女で内容も違いますが、基本的には同じお湯のようです。

健康ランドとは違い効能などが書かれていないので、各温泉について個別に紹介はできませんが、内湯露天共に広くゆったり浸かれます。

温度も書かれていないので体感ですが、ぬるめとあつめの2種ずつ浴槽がありました。露天エリアが広く、気持ち良い外気浴ができるのが他にない魅力の一つですね。

岩盤浴が女性のみ、サウナが男性のみ(各エリア内にあるので時間交代などもなし)で、全部利用できる訳じゃないのは以前からですが少し残念です。

2階は休憩スペース

f:id:sakuyaoi:20201101043832j:plain

f:id:sakuyaoi:20201101043835j:plain

f:id:sakuyaoi:20201101043839j:plain

リラクゼーションルーム

泉入口手前の階段を上った先にマッサージの受付があり、その先がリラクゼーションルームです。ソファやクッション、仮眠マットなど好きな場所でゆったり。

f:id:sakuyaoi:20201101043842j:plain

漫画コーナーもあります

最新のコミックスまで取りそろえた漫画コーナーも充実。リラクゼーションルーム隣接なので、ごろんと横になってだらだら読めるのが最高です。

新しくなった久能山の温泉施設でした

日の感想としては、町屋エリアを含めて盛り上げていこうって熱気を感じるリニューアルになっていたと思います。

施設が魅力的になれば、あとは移動手段だけが常にネックなのですよね...。週末だけでも送迎バス等欲しいところ。

今後のイベント等にも注目していきます!市内の皆様は是非一度ご利用ください!

施設情報

施設名 リバティーリゾート久能山
住所 〒422-8013 静岡市駿河区古宿294
連絡先 054-204-1310
駐車場 あり
アクセス 静岡駅南口より石田街道線・東大谷下車
久能山下行き乗り換え 古宿下車徒歩11分
定休日 第二・第四火曜日
営業時間 6:00~23:00
オールナイト(土曜のみ)は23:00~翌朝8:00まで
詳細 公式サイト

関連記事

静岡市の宿泊・温泉施設はこちらから!