静岡市観光&グルメブログ『みなと町でも桜は咲くら』

最新の静岡グルメ&観光情報を毎日更新!地元民のリアルな視点で全力食レポ!静岡市民がもっと静岡を好きになる・市外の方が静岡に興味を持ってもらえるWEBマガジンを目指しています!ζζ

当ブログで紹介している店舗のメニューは一部2019年10月の増税前のものもあり、最新の価格と異なる場合があります。
現在新型コロナウイルスの影響で営業時間、提供内容が異なる店舗もございます。二点予めご了承ください。

『ライム軒』静岡のらー麺・つけ麺専門店!魚介出汁をライムでさっぱり!

f:id:sakuyaoi:20200528004738j:plain

魚介スープからほのかに柑橘系の香り
大盛り無料でお腹いっぱい食べられます

駿河区中田本町に2018年2月1日オープン。魚介系醤油スープにライムエキスを入れたラーメン&つけ麺を扱っています。

ライムを入れてるからライム軒なのかと思いきや、店長さんが元フレンチの料理人だったらそう。そこからラーメン+仏(フランス)→ラ仏→ライムと名付けたそうです。

店長さんは東京の有名ラーメンチェーン『麺屋武蔵』で修業した超実力派。麺までオリジナルなこだわりの一杯を提供しています!

広告

 

店舗紹介

ライム軒:雰囲気

f:id:sakuyaoi:20200528004735j:plain

外観

四角で白と緑の独特な雰囲気の店舗には『らー麺 つけ麺 ライム軒』とどこか聞いたことのあるようなフレーズ。

店名の前の丼ぶりとライムをくっつけたようなアイコンも可愛いですね。看板もよく見るとイムが詰まってちゃんと仏ですね笑

f:id:sakuyaoi:20200528004704j:plain

店内

外観と同じく店内も白と緑を基調としたライムをイメージした雰囲気に。

テーブルと床はウッディですが、それ以外はとことんライム色にこだわっています。写真のテーブル席、椅子も緑ですね。

カウンターが9席、4人掛けテーブル×2、6人掛けテーブル×1です。キャパは少なめですが、注文から5分かからずのかなり早い提供でしたので回転早そうです。

ゆとりのある空間、窓が多く自然光が入ってくるため、照明が気にならない自然な明るさの店内になっています。

f:id:sakuyaoi:20200528004741j:plain

グラスもライム色?

グラスまで緑のライム色なので水の代わりにライムサワーでも出してくれそうな気がしましたが普通に水でした。

f:id:sakuyaoi:20200528004732j:plain

ライム酢

テーブルには赤・黒・白が混ざった胡椒と七味、そして『ライム酢』柑橘系の甘みと爽やかさを追加する、ライム軒さんならではの調味料です。

ライム軒:メニュー

f:id:sakuyaoi:20200528004701j:plain

食券制

上にメニューが無いので券売機の写真。食券制ですがちゃんと画像が表示されていてありがたいです。

といってもライム軒さんのラーメンは魚介醤油ベースのらー麺 or つけ麺、辛いか辛くないかの2×2択にトッピングのみ。

サイドメニューもトッピングと白飯、豚のかやくごはんのみ、ビールは缶ですが扱ってます。餃子やから揚げも無いので麺類一本勝負ですね。

通常のらー麺が750円、辛いらー麺が800円、つけ麺は+30円ずつ。ライムの名前が付いてるメニューがトッピング全部乗せです。

今回はライムらー麺、辛いの、つけ麺を注文したので順番に紹介していきます。

ライム軒のラーメン&つけ麺

ライムらー麺

f:id:sakuyaoi:20200528004707j:plain

ライムらー麺

イム軒さん一番の主力メニュー基本形。トッピング全部乗せの通常らー麺ですね。味たま・ネギ・メンマと大きなチャーシュー、さらに豚の角煮。

らー麺は大盛り無料、つけ麺は300gまで量が選べます。それ以上も無料で増量できるみたいでした。口コミによれば1kgまで対応可能との噂も?

スープはかつおの味を強く感じる魚介ベースの醤油出汁に柑橘系、恐らくライムの香りと甘みがかなり効いています。ライムを常食してないので判断できませんが。

ライム辛らー麺

f:id:sakuyaoi:20200528004711j:plain

ライム辛らー麺

回私が食べたのはこちらのライム辛らー麺。スープはなかなか辛そうな赤色に胡麻がたっぷり。トッピングは同じなのに印象が結構変わりますね。

スープは普通のらー麺と同じく魚介かつおベースに柑橘系の甘さですが、そこに辛みが加わることでより食欲の湧くスープになっています。

辛さをウリにしているお店のような激辛ではないですが、辛い方がより魚介の旨味と、辛さの後に来るさわやかな甘さで柑橘系の風味も際立ってる気もします。

f:id:sakuyaoi:20200528004718j:plain

独特なちぢれ麺

麺は極太では無いですが太めのちぢれ麺。スープに浸かったこの写真だと分かりにくいですが、斑点が付いている変わった見た目の麺。

食感もちもち、口あたりつるつるでコシもなかなか。今まで食べた麺の中で一番『麺とよく絡む』感じが強かったです。

辛らー麺はごまたっぷりなので、麺にくっついてきたごまがとっても香ばしく相性ピッタリです。

f:id:sakuyaoi:20200528004723j:plain

チャーシュー

チャーシューは2枚入り、写真の撮り方失敗しましたがかなり厚めです。ボリュームもさることながら、食感が非常に柔らかくジューシー。

味が少し濃いめなのでご飯に乗せてチャーシュー丼にしても美味しそうです。角煮も入ってるので豚豚だな~と思いましたがこれは大当たりなトッピング。

f:id:sakuyaoi:20200528004721j:plain

角煮

角煮もチャーシューと言えばチャーシューかな?肉×肉ですがこちらもハイクオリティ。甘めにじっくり煮込まれています。

f:id:sakuyaoi:20200528004729j:plain

味玉

箸でほぐせるほど柔らかくなっているので、噛むというより歯と舌で撫でるように溶けていきます。とにかくやわらか~い角煮でした。

白身はしっかり固まっているのに、黄身は完璧な半熟。ここまで完成度の高い半熟味たまは初めてかもしれません。

こぼれ出た黄身が麺と絡んでクリーミーな味わいに。どのトッピングも麺とスープと相性抜群。丼ぶりの中で喧嘩しない完成された一杯です。

味玉辛つけ麺

f:id:sakuyaoi:20200528004715j:plain

味玉辛つけ麺

後はつけ麺。こちらも辛い方、麺の量は300gです。トッピングはチャーシューが入っていない味玉辛つけ麺。

スープはつけ麺なのでらー麺より濃いめ、より魚介出汁の風味が強くなっています。ごまとネギもたっぷり入っていて香ばしいです。

柑橘系の香りも、らー麺の方は言われてみると強く感じる~といった具合でしたが、こちらは一口飲むだけで香りが突き抜けていきます。

f:id:sakuyaoi:20200528004726j:plain

らー麺の方だと分かりにくかったですが、拡大してみるとこんな感じ。胡麻みたいな点々がありますね。

らー麺もつけ麺も麺は同じですが、冷たい麺のつけ麺の方がよりもちもち感が強く感じました。

美味しいらー麺がボリューム満点で味わえる駿河区の話題の新店!静岡市のラーメンランキングにも上位に入ってきそうなクオリティでした!

店舗情報

店名 ライム軒
住所 〒422-8043 静岡市駿河区中田本町62-6
連絡先 054-287-3311
駐車場 あり
定休日 火曜日
営業時間 11:30~14:30 18:00~21:30
スープが無くなり次第終了
詳細 Facebook

関連記事

静岡市の中華・ラーメン店はこちら