静岡市観光&グルメブログ『みなと町でも桜は咲くら』

静岡のグルメブロガーさくやちゃんです!静岡市観光するならこのブログをチェック!と言ってもらえるような静岡市の観光&グルメ情報サイトを目指してます!市民&旅行者の為のローカルネタたっぷり静岡市観光&グルメブログです!ζζ

『ロストコーナー』癖が強い清水の新店で本格スパイス薬膳カレー!

猫×サブカル×エスニック?
コラージュのような店内で味わう
本格スパイス薬膳カレー!

f:id:sakuyaoi:20180614014954j:plain

外観

水区七ツ新屋のカレー専門店。2017年にオープンした話題の新店舗です!外観は普通の民家そのもの、玄関からの1部屋を改造、独特な世界観で飾りつけした他にない雰囲気のお店!厳選したスパイスの本格的な薬膳カレー3種+限定1種と自家製焼き菓子を販売しています!

カレーを通じてコミュニケーションを取りたいという店主さんの想いで、体に良い物からジャンクなものまでさまざまな表現のスパイスカレーを作っています。店名のロストコーナーには『そこに行けば忘れてきたものがある。そこからだからこそ希望が生まれる。片隅でいいから細々とでも続けていけたら』という意味を込めているとのこと。

広告

 

店舗紹介

ロストコーナー:雰囲気

f:id:sakuyaoi:20180614014951j:plain

玄関

内に入ったら靴を脱ぎます。靴箱の上にはこのお店の雰囲気がにじみ出ているようなインテリアの数々。いきなり外と世界が変わったような気持ちになりますね。

f:id:sakuyaoi:20180614014857j:plain

2~3人席のテーブル

奇抜なデザインの猫のクッション、トッピングに使うのか飾りなのか最後まで分からなかったシナモンと謎の置物など、どこまでも独特な雰囲気。使い捨てのお手拭きや七味唐辛子という当たり前の物の方が逆に目立ってしまうほどですね笑

店内は2~3人席が2つとカウンターが6席。入店時はカウンターにだれもいなかったのですが、写真撮影の許可を取っているうちにあれよあれよと混んで来てお客さんいっぱい、今回は諦めました。カウンターの上には多種類のスパイスが並んでいます。

f:id:sakuyaoi:20180614014907j:plain

どちらの壁にもあちらこちらに

天井にはパーティのような飾りつけ。様々な猫の絵画、デザイン画、店主さんが書いたかもしれない薬膳の筆文字。おもちゃ箱のような店内ですね。

f:id:sakuyaoi:20180614014923j:plain

銀河鉄道の

私の座った席の隣にはアニメ版『銀河鉄道の夜』のジョバンニとカムパネルラ。奥に宮沢賢治の本があるのでわかる人にはわかる飾りつけって感じで楽しくなりました。色々な雰囲気がごちゃまぜの店内ですが、全体的には猫の飾りが多いです。

f:id:sakuyaoi:20180614014904j:plain

コースターもお洒落ですね!

よくあるグラスにお洒落なコースター、よく見たら唐辛子だこれ!

ロストコーナー:メニュー

f:id:sakuyaoi:20180614014947j:plain

表紙

ニューの表紙ですが、サブカルバンドのアルバム歌詞カードの2ページ目のような雰囲気です。分かる人には分かる表現だと思います。御門台は一番近くの静岡鉄道の駅の名前ですね。

f:id:sakuyaoi:20180614014917j:plain

f:id:sakuyaoi:20180614014920j:plain

f:id:sakuyaoi:20180614014913j:plain

カレー3種

ロストコーナーさんのカレーは基本この3種類、サラダ付き。それぞれ説明があるので選びやすいです。オプションでライスの量が調整可能。50g刻みで増やせます。-50gの小盛も100円安くなるのが嬉しい。また+200円で2種類のカレーを選べるあいがけもお得です。

f:id:sakuyaoi:20180614014910j:plain

セットメニュー

カレーと一緒にドリンクやデザートも付けられます。選べるドリンク+150円、デザート3種から1品+150円。ただしドリンクとデザートは一人1品まで。迷ってしまいますね。メニューは全品内税です!

f:id:sakuyaoi:20180617095810j:plain

カレーに合うビールもあります!

あいがけ ポーク&マトン

f:id:sakuyaoi:20180614014933j:plain

フルセットで

ずは満喫のフルセット+あいがけでポークビンダルーとマトンドライキーマ!ドリンクはラッシー、デザートはスパイスのパウンドケーキです。右端のシロップはケーキ用。ライスは普通盛りですが充分なボリュームです。

ライスはパキスタン産のバスマティライスと日本米を混ぜて、インドの高級バター『Ghee(ギー)』と一緒に炊いているとのこと。パラパラ感とモチモチ感が合わさったカレーに合うライスでした!

マトンドライキーマ

f:id:sakuyaoi:20180614014937j:plain

マトンドライキーマ

ごはんの上に乗っているのが『マトンドライキーマ』焦げ色に赤いつぶつぶがあるのでナウシカの王蟲に見えなくもない。

香りや癖が強く苦手な人も多いマトンですが、ロストコーナーさんのマトンは独特な癖を残しつつも臭みというより香りに昇華され、肉みそのような甘みも感じる食べやすい風味になっています。肉が濃厚なので辛さはそれほどありません。

独特と言えば上に乗った赤いつぶつぶのスパイス。全く食べたこと無い味でなんと表していいのか、ほのかに酸っぱさと苦み、良い表現じゃないかもしれませんが新品の畳を舐めたような味かなぁ...表現すら独特にならざるを得ないスパイスの世界...。

今回食べたカレーの中で一番癖が強い味なのは確かです!大人向け!

ポークビンダル

f:id:sakuyaoi:20180614014940j:plain

ポークビンダルー

とろとろ溶ける煮豚がたっぷり入った『ポークビンダルー』スパイスの癖はマトンドライキーマよりはありませんが、こちらもまた別方向で食べたことのない風味があります。基本はまろやかな感じでピリッと辛い、食べやすさと独特な風味が同居した、迷ったらコレなメニューですね。

バングラデシュ系に近い水っぽさがあり、スープまでは行きませんが、酸味もあってあっさりと飲むように食べられます。ワインビネガーとニンニク、スパイスに漬け込んだという煮豚がほろほろで本当に美味しいのでこれは必食です!

サラダ

f:id:sakuyaoi:20180614014944j:plain

サラダ

サラダはミニサイズでシンプルな酸味のあるコールスローですが、これにも変わったスパイスの風味が!箸休めかと思ったら隠しステージでした笑

豚バラと玉葱のカレー

f:id:sakuyaoi:20180614014929j:plain

豚バラと玉葱のカレー

ちらも豚肉たっぷり、見た目は日本のカレーに近い『豚バラと玉葱のカレー』他の2種と異なり、独特なスパイスの香りは感じず、辛みもあまりなくたっぷりの玉ねぎの自然な甘口、少し水っぽさのある日本風カレーといった感じです。

ライスは統一。日本風カレーとエスニックなライスの組み合わせが、食べ慣れた日本風の味をより濃厚で深みのある味に仕立てています。カレー自体、野菜と肉のコクがしっかり出ていてハイクオリティなのですけどね。

ビーフトマトマサラ

f:id:sakuyaoi:20180614014926j:plain

ビーフトマトマサラ

こちらは期間限定メニューの『ビーフトマトマサラ』今までの3品とも違うまた独特なスパイス、もうそれぞれが食べたことのない美味しさなので独特としか語彙が働かないです笑 トマトベースなだけに酸味が強く甘酸っぱい!それでも癖は少なく食べやすいですね。

限定メニューはシンプルからジャンクまでスパイスを用いた様々なメニューを考えているそうなので、新しい味を楽しみに待ってます!限定メニューの情報はSNSで告知されますよ!

スパイスのパウンドケーキ

f:id:sakuyaoi:20180614014901j:plain

アイスコーヒーと

シンプルなパウンドケーキですがフルーツの食感と甘みにシロップが上乗せされたデザート感強い逸品。といっても甘ったるさやくどさは無く、自然でしっとりとした食感と甘さが癖になります。スパイス感はカレー食べた後だとよくわかりませんでしたが。食後にあると嬉しい一品でした!

 

他にないスパイスの手品を見せてもらったような、まさにカレーによるコミュニケーションを味わえるお店!ついついまた来たくなってしまいます。話題が途切れないのも頷ける素晴らしいお店でした!静岡市内のイベントにも出店しているそうなので、見かけたら是非!

 

広告

 

店舗情報

店名 ロストコーナー
住所 〒424-0066 静岡県静岡市清水区七ツ新屋2丁目3-43
連絡先 054-347-2727
駐車場 あり
定休日 月曜日
営業時間 火〜日 11:00~15:00
金〜日はディナータイムあり 18:00〜20:30
詳細・予約 https://tabelog.com/shizuoka/A2201/A220102/22031513/

ここもオススメ!ご近所スポット!

最寄りの2件の記事を紹介します!