静岡市観光&グルメブログ『みなと町でも桜は咲くら』

静岡のグルメブロガーさくやちゃんです!静岡市観光するならこのブログをチェック!と言ってもらえるような静岡市の観光&グルメ情報サイトを目指してます!市民&旅行者の為のローカルネタたっぷり静岡市観光&グルメブログです!ζζ

『まぼろし博覧会』静岡の魔界!日本一のカオス!世にも奇妙な博覧会!

真面目な展示は一つもない!
日本一狂った博覧会!

伊東市富戸、国道沿いに急に現れる看板と、駐車場から無造作に並べられた謎のモニュメント達。歩みを進めるほど理解が追い付かない狂気が広がっています。

3つのテーマに分かれた博覧会ですが、テーマを分ける必要があったのかというくらい、全体を通してカオス!7年前からあるそうです。

博物館のような真面目でキレイな展示ではなく、一部説明付きもありますが、玩具屋が廃墟になったようなすごい様相です。

順番に紹介していきます...!

広告

 

まぼろし博覧会

f:id:sakuyaoi:20180824205643j:plain

看板

豆半島にはディープスポット、B級スポットなどと呼ばれる、個人のマニアックすぎる収集品をまとめた博物館がいくつもあります。

その中でも最大規模、むしろ日本一の規模と呼べるのがこの【まぼろし博覧会】です!

f:id:sakuyaoi:20180824205646j:plain

お立ち台

館長は【セーラちゃん】と呼ばれるセーラー服を着た女装おじさん。自らキモ可愛いを名乗り、施設のテーマを体現した存在となっています。

休日はこのお立ち台で呼び込みをしていたり、参加型で盛り上がる狂気のイベントを主催したりしているそうですが、この日は平日なので会えませんでした。

日本一のカオスへ潜入

f:id:sakuyaoi:20180824205649j:plain

入口

んなわけでド平日に来てしまったので、私のグループ以外人っ子一人見えず、まさに遊園地の廃墟に来てしまったみたいな空気が流れています。

入口の近くにも訳の分からない展示が並びますが、割愛。一つ一つが混沌としすぎていて紹介しきれません。

今回写真で紹介できる内容は全体の1/10以下です!記事を見て狂った方は是非現地へ行ってもっと狂ってください!

f:id:sakuyaoi:20180824205652j:plain

階段に並ぶカオス

有料施設なので受付に向かいますが、受付までの階段にすでにおぞましい人形が並んでいます。怖いというか、なんなのこれ?というか。

f:id:sakuyaoi:20180824205656j:plain

こんなベッピン見たことない!

これは結構好きです。ゴリラにセーラー服の塗装してますね。色合いがポプテピピックのポプ子ちゃんみたいで良いじゃないですか。

f:id:sakuyaoi:20180824205659j:plain

定期的にバズってる

SNSでは定期的にカオスな空間として紹介されバズってます。このツイートもリアルタイムで見ましたね。トレンド入りしてた気がする。

f:id:sakuyaoi:20180824205702j:plain

受付です

こちら右側が受付。正面の扉は最初のコーナー大仏堂の入口になっており、受付の後ろを通る謎構造です。

f:id:sakuyaoi:20180824205708j:plain

イベントはこんな感じ

この日は寂しい雰囲気でしたがイベント開催時は大層賑わってそうです。内容はよくわかりませんが。

f:id:sakuyaoi:20180824205705j:plain

館内マップ

こちらまぼろし博覧会の案内図ですが、よくわからない形してますよね。常設3つのエリアと追加開発中のαエリアに分かれています。

密林にたたずむ大仏と世界古代文明遺跡

謎の密林を進んでいきます

f:id:sakuyaoi:20180824205711j:plain

謎の石頭と謎の坊主

応順路があり、最初は大仏堂と書かれていたエリア。マップで付けられていた名前は結構長いですね。

入口がお土産売り場(施設とは関係ないけど意味不明なグッズが揃ってます)になっており、扉を開けて進んだ先がこんな感じです。

作品?には説明も書いてありますが見た目でお腹いっぱいなので飛ばしますね。現地でもゆっくり読んでたらどんどん足が重くなりました。

聖徳太子の大仏と金剛力士像

f:id:sakuyaoi:20180824205715j:plain

巨大な聖徳太子

大仏堂の中心には聖徳太子の金色の大仏。しっかり大仏サイズです。どうやって建物内に入れたんだろう...。老朽化でボロボロになっています。

大仏堂はこちらがメインのようで、結構歩き回りましたが何処からでも見える位置にありました。

f:id:sakuyaoi:20180824205718j:plain

金剛力士像

寺院にあるものより巨大な金剛力士像も対になって壁側に並んでいました。GANTZの撮影でも始まりそうな雰囲気...!

他の展示も謎が謎を呼ぶ

f:id:sakuyaoi:20180824205721j:plain

地球外生命体のミイラ

地球外生命体のミイラと書かれた謎の展示ケース。確かに水族館でも科学館でも見たことない訳の分からない骨格が並んでいます。

f:id:sakuyaoi:20180824205724j:plain

エジプト?

植物に無造作に囲われて謎のエジプトっぽい像が並んでいます。世界古代文明遺跡と題がついてたのはこういうことなのね?

f:id:sakuyaoi:20180824205727j:plain

セーラちゃん

一番奥は以前展示されていたものなのか大仏堂のテーマとは違う作品がまとまって並んでいました。右のパネルが館長のセーラちゃんです。

f:id:sakuyaoi:20180824205730j:plain

上から見た大仏

何故か下から見ることのできないモアイも相まって本当に意味の分からない一枚が撮れました。何かの祭壇かな?

f:id:sakuyaoi:20180824205733j:plain

ここすき

これも説明なしで意味が分かりませんが、何となく好き。桜を被ってたのではなさかじいさんと名付けました。

夢か、うつつか、まぼろしか昭和の時代通り抜け

インスタ映えかもしれない

f:id:sakuyaoi:20180824205739j:plain

第二エリア!

f:id:sakuyaoi:20180824205736j:plain

ここからが本番

々飛ばしましたが、第二エリアへ進みます。まぼろし博覧会の説明看板が入口にあり、ここからが本番のようです。

f:id:sakuyaoi:20180824205743j:plain

何処を見たらいいの

四方八方に色々飾られすぎてどこを見たらいいのか、どこへ進んだらいいのか。道は正面左ですね。正面は普通のトイレでした。

昭和ってこんな感じなの?

f:id:sakuyaoi:20180824205746j:plain

昭和?

私は平成生まれなので昭和のことはよくわかりませんが、これって昭和なんですか?昭和生まれの方はこれを見て昭和っぽいってなるのでしょうか?

とりあえず展示の壁には昭和のポスターがずらーっと並んでいるので、そちらは貴重なポスターなんだと思います。手前のマネキンはなんなのさ。

f:id:sakuyaoi:20180824205446j:plain

マリリンモンロー

こちらのマリリンモンローのマネキンは下から扇風機で風が宛がわれいやーんな感じに。元ネタを知ってるのでこれは結構面白い~!

カオスの権化達

f:id:sakuyaoi:20180824205453j:plain

学級崩壊

教室をイメージしたマネキンの部屋がありましたが、ものすごい統一感の無さ!真面目な生徒どころか生徒かすら怪しい人達。

f:id:sakuyaoi:20180824205456j:plain

昭和っぽいものもあるにはある

説明とかはなく無造作ですが、一応貴重な昭和っぽいものもいっぱい揃ってはいるのです。オロナミンCのおじさんが見てる...!

ちゃんとレトロな展示も

f:id:sakuyaoi:20180824205504j:plain

パーラー

ちらは昭和のパーラーをイメージしたマネキン。まぼろし博覧会の中では正統派っぽい展示ですね...感覚がマヒしてる...。

f:id:sakuyaoi:20180824205507j:plain

パチンコ

遊べませんが古いパチンコの紹介も並んでいました。説明付き!こういうのでいいのですよこういうので!

f:id:sakuyaoi:20180824205511j:plain

マネキンは相変わらず

こちらも昭和のレコードやアイドルポスター。なんとなく見たことありそうな人もいましたね!マネキンもおとなしめ。

f:id:sakuyaoi:20180824205514j:plain

準備中

こちらは準備中でしたが美少女村と書かれてフィギュアの写真が貼ってありました。昭和...?

一つだけ遊べるゲームコーナー

f:id:sakuyaoi:20180824205517j:plain

インベーダー!

めて見ました!スペースインベーダー!三つ中一つだけ動いてました!

数十年前くらいのゲームセンターの雰囲気です。奥に先ほどのものよりは近代的なパチンコ台がありますが壊れてます。

f:id:sakuyaoi:20180824205524j:plain

ゲームの棚

ゲームセンターの向かいにはレトロなゲーム機が並びます。これは普通に欲しい~~と眺めていると...

f:id:sakuyaoi:20180824205527j:plain

アドバンス...

私の青春ゲームボーイアドバンス...DSより前のゲーム機はもうレトロなのかな...でも昭和じゃないですよ!!

f:id:sakuyaoi:20180824205530j:plain

おもちゃがいっぱい

他にも駄菓子屋や玩具屋で買える昭和の玩具がびっしり並んでいたりと収集物はさすが日本一のディープスポットと呼べるボリュームです!

f:id:sakuyaoi:20180824205534j:plain

出口

昭和コーナーはもっと見所?たくさんありましたがかなり絞ってます。あと見て回るとかなり疲れます。

あと夏場のみかもしれませんが、建物の出入口付近に結構たくさんスズメバチがいました。黒い服着てると刺されちゃうかもなので注意してください!

悪酔い横丁とまぼろし島

f:id:sakuyaoi:20180824205537j:plain

ペンギンハイウェイ

三エリアの前にαの悪酔い横丁につながっています。入口は謎のペンギンの群れ。集めたのかセットなのか、とにかくペンギンだらけ。

f:id:sakuyaoi:20180824205542j:plain

ここすき

意味不明とカオスの中にも、たまに面白い一枚が撮れる場所があります。私の趣味ですけど、なんか好き。

f:id:sakuyaoi:20180824205546j:plain

魔法少女サイトっぽい

よくわからない展示とよくわからない展示のハイブリット。よくわからな過ぎてコメントも何てつけていいか最早..。

心霊写真っぽい写真とそれを研究してる人の部屋っぽいエリアなど、雰囲気は心霊スポット顔負けです。

まぼろし島へ

f:id:sakuyaoi:20180824205602j:plain

ポスターが並ぶ道

和のポスターなどが並ぶ道を進んだ先は新エリアと書かれていたまぼろし島です。

f:id:sakuyaoi:20180824205606j:plain

これだけ

スズメバチがたくさんいたので恐る恐る進みましたが、まぼろし島エリアはよくわからない集会をしているマネキンの展示のみでした。

新エリアということはまだ準備途中だったのかな?

昭和23年 怪しい見世物小屋が立つ 魔界神社 祭礼の夕べ

カオスがカオスを呼ぶ最後の魔界

f:id:sakuyaoi:20180824205610j:plain

無表情

後のエリア!記事を書いてても疲れてきます。無表情のマネキンが並び、なんとなくフリーホラゲの『Ib』を思い出しました。あっちは無個性か。

f:id:sakuyaoi:20180824205618j:plain

丑の刻参り

丑の刻参りの展示は実際に藁人形を受付で購入し、ハンマーで打ち付けられるとのこと。これ全部お客さんがやったのね...。

f:id:sakuyaoi:20180824205630j:plain

お化け屋敷

暗くて写真は撮りませんでしたが、お経が流れるお化け屋敷のゾーンも。ここも結構怖かった~~~!

f:id:sakuyaoi:20180824205633j:plain

勉強になるな~~~!

出口にはなぜここにあるかは全く持って意味不明でしたが漫画家師弟図が貼ってあり勉強になりました。ほんとなんでここに。

f:id:sakuyaoi:20180824205636j:plain

ラスト!

落書きだらけの来館ノート。ちょうど最後のページしか開いてなかったのでこさくやちゃんを描いてきましたよ。また一歩混沌へ進んだね!

以上!この記事はかなり省略した内容になっているので、現地のカオスさはこんなもんじゃありません!

館長のセーラちゃんが居てくれた方がまだノリで味わえそうですが、人のいないまぼろし博覧会は洗脳施設のようで怖かったです笑

とはいえ色々並んでいると創作のネタ探しにもなりますし、一度は行ってみて損はないですよ!いつかセーラちゃんが居る時に行きたいな~~!

広告

 

スポット情報

スポット名 まぼろし博覧会
住所 〒413-0231 静岡県伊東市富戸1310-1
連絡先 0557-51-1127
駐車場 あり
定休日 年中無休
営業時間 9:15~17:00
詳細 公式サイト

市外観光の記事はこちらから