静岡市観光&グルメブログ『みなと町でも桜は咲くら』

最新の静岡グルメ&観光情報なども毎日更新!お腹いっぱいになることが生きがいな静岡市民の食べ歩きブログです!ガッツリ系ランチ探してます!

『麺匠 久久久(サンキュー)』新静岡駅前でちゃん系もり中華!

広告

広告

ガツンと濃い味!
たっぷりスープのもり中華!

区駿府町、新静岡セノバ前・燕駿府町店跡地に2023年9月5日にオープンした麺処。店内はほぼそのまま、気軽に立ち寄れる明るい雰囲気の空間となっています。

前店舗と同じくアールズカンパニーが手掛けており、東京で『ちゃん系』と呼ばれている麺処をインスパイアした【中華そば・もり中華】が名物とのこと。

豚の旨味が効いた中華そばを、スープたっぷりのつけ麺スタイルで食べる【もり中華】を試してみました!

店舗紹介

麺匠 久久久:雰囲気

外観

駿府町店閉店から10日ちょっとですが、同じ会社・同じスタッフさんのようでパパっと一新。赤い看板が目立つ外観になりました。

店名にこそ"ちゃん"はついていませんが、インスパイア店として看板は【中華そば・ロゴ・もり中華】の同スタイルにデザインされています。

店内

店内のレイアウトは同じで内装もほぼ変わらず。お祝いのお花で外光は遮られていましたが、明るい雰囲気でカジュアルにラーメンを楽しめる空間になっています。

カウンター7席に4人掛けテーブル4、ローカルラジオがBGMです。

麺匠 久久久:メニュー

メニュー

文はタッチパネルの券売機制で、メインの麺類は5種類。看板メニューの中華そば・もり中華の他にも、写真が醤油っぽくない濃厚醤油などどれも気になりますね。

それぞれトッピングや辛い版・サイドもアリ

メニューをタップすると詳細ページへ。各種、特製(トッピング全部乗せ)・辛味版・辛味版の特製があり、大盛は+150円でした。

追加トッピング・サイドの丼も揃っています。

ガツンと濃い味もり中華

もり中華

番サイズのラーメン丼二つで提供!並盛でもガッツリな太麺と、スープも麺が入ったラーメンくらいの高さまで嵩があり、これもちゃん系の特徴とのこと。

白青のWネギに、チャーシュー・メンマ・もやし・お麩と個性的なトッピングです。

そのままだと濃いめですが

そのままだと塩味かなり強め

のまま飲むとガツンと塩味が濃く、ベースの醤油の輪郭がはっきりとした味わい。豚中心?の肉系の出汁の旨味と甘みもぶわっと広がり、後味に酸味も少しありました。

スープだけで飲み干すのは塩分がやや強いかなと言った具合で、当たり前ではありますが麺を絡めるのが前提のバランスです。割りスープは無いとのこと。

太麺と絡めて相性抜群

もっちり太麺

はかなり太く、持ち上げただけでもモッチモチなのが分かる弾力。並でこの量なら大盛はすさまじそうですね。

絡めて絶妙なバランス

スープ上に油が結構浮いているのでちゅるんと啜れます。噛み応えは思いのほか無く、モチモチ感は予想通り抜群!

ややしょっぱめだったスープも、太麺をさっとくぐらせてバッチリなバランスです!麺自体も噛んで甘みを感じ、スープに溶け込んだ出汁の旨味もより満喫できました!

味変・トッピングも充実

味変もあります

つの味変調味料もおすすめ!柚子胡椒は後味をさっぱりさせつつピリ辛に!

ネギオイルは風味豊かなネギの香りと、油っこすぎないオイル感を追加。不思議と塩味がマイルドになって、スープも絡めた麺の味わいもまろやかになりました。

トッピングも充実

小さ目カットですが厚みのあるチャーシューが4枚もはいっていました!脂身ぷりっと旨味抜群でスープを更にコク深く!

もやしとメンマはシャキシャキ、同じく食感楽しいネギもたっぷり麺に絡みました!市内では珍しい?初めて?の中華そばのつけ麺・もり中華!ぜひお試し下さい!

【麺匠 久久久(サンキュー)】ガツンと濃い味もり中華!【静岡市葵区】- YouTube

店舗情報

店名 麺匠 久久久(サンキュー)
住所 〒420-0856 静岡市葵区駿府町1-15
連絡先 054-270-9178
駐車場 なし
アクセス 新静岡セノバ駿府町口より徒歩1分
定休日 木曜日 ※祝日は営業
営業時間 11:00~15:00 17:00~21:00
土日祝は通し 11:00~21:00
詳細 公式Instagram

関連記事

岡市の中華・ラーメン記事はこちら!