静岡市観光&グルメブログ『みなと町でも桜は咲くら』

最新の静岡グルメ&観光情報を毎日更新!地元民目線で全力食レポ!お財布に優しいランチを積極的にまわってます!

『月ヶ瀬本店』丸子土産・とろろの赤ちゃん【むかごろう】

豊富な和菓子を扱う老舗で
とろろ入りの名物・むかごろう

駿河区丸子、鎌田の交差点傍にある創業50年を超える老舗和菓子店。定番の和菓子から洋生菓子まで多彩な品揃え、丸子宿縁の名をつけたお土産も色々揃っています。

丸子名物のとろろや、とろろの赤ちゃん・むかごを使用した看板商品【むかごろう】が、丸子観光のお土産としても定番人気。今回のお目当てもこちらです。

可愛い小動物の顔のようなビジュアルの、和菓子のロールケーキと言ったところ。さっぱり甘く、しっとりとした食感を楽しめます。

店舗紹介

月ヶ瀬本店:雰囲気

外観

田の交差点からもよく見える、【とろろの赤ちゃん むかごろう】の看板が目印。瓦屋根のお洒落な外観。玄関前に5台分駐車スペースがあります。

店内

店内は広く、入口傍にむかごろうをはじめとした、とろろ使用の丸子らしいオリジナルお菓子が並び、カウンターには大入りの和菓子セットなど贈呈用の品もずらりと。

休憩スペース

玄関右側にはイートインスペースがあり、こちらで購入した和菓子をいただくこともできます。以前はお茶のサービスがあったそうですが、感染症対策につき休止中です。

月ヶ瀬本店:メニュー

お土産にむかごろう

回は丸子観光のお土産に、むかごろう目当てで訪問。お土産用に5個入りの箱入りのほか、単品販売もあります。箱1つとイートイン試食用に単品も購入しました。

今回は買いませんでしたが、写真左にもう一つのとろろを使用した小饅頭形の和菓子『とろろ饅頭』もありますね。

和菓子は他にもいろいろ

羊羹・饅頭・もなか・どら焼きと定番和菓子も色々揃っており、お土産用に箱入りのセットも充実。イートインで食べる品としては、ぜんざいやあんみつも人気だそうです。

洋菓子もあります

和菓子店ですが、奥には洋生菓子も揃っており、デコレーションケーキの予約販売もしています。ケーキの種類は多くはなく、半分はゼリーやプリンですね。

反射してしまっていますが、コーヒーゼリーとプリンを一度に味わえる【ジュレアン】というオリジナル商品が、洋菓子部門では一番人気とのことです。

とろろの赤ちゃん むかごろう

とろろの赤ちゃん むかごろう

ートインスペースで単品むかごろうを試食。以前静岡土産のセレクション?何かの特集で見かけ気になっていたのですが、今回数年越しに初めていただきました。

原材料名を見ると、砂糖・小豆・薯蕷粉・上新粉・山芋・むかご・小麦粉・上南粉・寒天・塩・膨張剤となっています。シンプルな見た目ながら色々な粉が使われてますね。

むかごは零余子と書き、とろろの元となる山芋や自然薯の葉の付け根にできる球芽のこと。市場にはあまり並びませんが、とろろが名物の丸子では定番食材です。

しっとりとろろ入り和風ロール

見た目も味も独特?

央の羊羹のような固めた餡を、とろろを練りこんだ生地でロールケーキのように巻き、目の位置にむかごを使用。内側に突き出た部分が口のようになっています。

形は全然違うのですが、以前水族館で見たラブカの赤ちゃんを彷彿させました。

とろろ(山芋)入りの生地は、あのねばねば感や味自体はしないものの、少し独特な風味ともっちり小饅頭のような食感が特徴。

可愛いむかごろう

しっとりと見た目通り羊羹みたいな感じですが、こちらも粘着きやもちもち感はなく、甘さもさっぱり美味しいです。

目の部分はむかごそのものですが、塩味がついており、周りの甘さをバランスよく仕上げています。風味も皮部分に比べがっつりむかご独特な香りがありますね。

和菓子としてバランスの良い美味しさながら、丸子らしい食材・とろろやむかごの風味もばっちり詰まった逸品です。ぜひお試しください!

店舗情報

店名 月ヶ瀬本店
住所 〒421-0103 静岡市駿河区丸子2丁目1-1
連絡先 054-259-1762
駐車場 あり
アクセス 安倍川駅西口より徒歩10分
定休日 水曜日
営業時間 9:00~18:00
詳細 食べログ

関連記事

岡市のスイーツ記事はこちら!