静岡市観光&グルメブログ『みなと町でも桜は咲くら』

最新の静岡グルメ&観光情報を毎日更新!地元民のリアルな視点で全力食レポ!静岡市民がもっと静岡を好きになる・市外の方が静岡に興味を持ってもらえるWEBマガジンを目指しています!ζζ

【おしらせ】現在新型コロナウイルスの影響で営業時間、提供内容が異なる店舗もございます。
年末年始の営業も同様に内容が異なる場合がございます。二点予めご了承ください。

『ななや静岡店』世界一濃い抹茶ジェラートの店!呉服町通りに移転しました!

f:id:sakuyaoi:20201005235757j:plain

唯一無二の濃厚抹茶味
静岡の人気ジェラート店

枝市に本店を置き、世界一濃い静岡抹茶ジェラートを売りにする製茶問屋兼お茶スイーツ専門店。1907年創業の老舗製茶販売店『丸七製茶』さんが運営しています。

静岡市内では葵区青葉通りに『ななや静岡店』がありましたが、2020年10月2日に呉服町通りに移転し、大きな店舗でリニューアルオープン!

商品は変わりませんが、店内が広くなりイートインスペースもできました。当記事では新しくなった静岡店・呉服町店舗の内容を紹介します。

2021年1月31日放送 バナナマンのせっかくグルメ!!に登場しました!

広告

 

店舗紹介

ななや静岡店:雰囲気

f:id:sakuyaoi:20201006012122j:plain

外観

しくなったななや静岡店は呉服町通りの中腹、静岡駅側からはローソンのある交差点を超えてすぐの右側辺り。以前と同じく大きな丸七製茶の白暖簾が特徴ですね。

黒い壁に木の扉は以前と変わらないのですが、より大きくなったのとオープンほやほやなのもあって、外観からも和のおしゃれ感が増した気がします。

f:id:sakuyaoi:20201005235754j:plain

店内

店内の各所に異なる和柄デザインを使用したこだわりの内装。明るくお洒落な、再開発が進む葵区の今風な雰囲気ですね。

入口と奥に商品棚・正面にジェラート販売コーナーは以前と変わりませんが、店舗が大きくなった為、イートインスペースにもゆとりができました。

f:id:sakuyaoi:20201005235745j:plain

商品棚

ジェラートを購入されてるお客さんが多いですが、ティーバックやお土産・ギフト用のお茶セットなど、丸七製茶の製品が豊富に販売されています。

f:id:sakuyaoi:20201005235805j:plain

二階

新店舗は二階エリアも登場。立ち飲みバーのような雰囲気ですがイベントスペースとのことで、ドリンク販売やカフェメニューの予定はないそうです。

イベント詳細は未定ですが、開催日以外はイートインスペースとして使用できるよう準備中とのこと。オープン直後のこの日は一部だけイートイン開放されていました。

f:id:sakuyaoi:20201225161101j:plain

イベント始まりました

 ※2020年11月追記、世界各国のお水を使用した静岡茶のテイスティングイベントが週末限定で始まりました!

ななや静岡店:メニュー

f:id:sakuyaoi:20201005235748j:plain

フレーバー

ートインスイーツの販売はジェラートのみ。No.1から7までの濃さの変わる抹茶ジェラートをはじめ、静岡和紅茶などを含む抹茶以外のフレーバーも揃っています。

f:id:sakuyaoi:20201005235750j:plain

定額です

ジェラートはどれでも定額ですが、使用する素材が高級抹茶になる『No.7』だけはそこそこのプラス料金に。No.7が世界一濃い抹茶ジェラートと言われている品ですね。

その他期間限定メニューもあり、この日は秋のカボチャが+100円メニューでした。カップとコーンの他、Wカップに白玉・あんこ・クッキーが入ったパフェもあります。

世界一濃い抹茶ジェラート

f:id:sakuyaoi:20200414062925j:plain

No.7シングルカップ

ちらが世界一濃い静岡抹茶ジェラートNo.7!真緑、正にお茶の葉をそのまま練り込んだようない色合いですね。カップはハーゲンダッツ程度の大きさです。

f:id:sakuyaoi:20200414062928j:plain

ナメック星人並みの緑

確かに濃い!濃い=苦いではなく、濃厚な口当たりとダイレクトに来る抹茶の味自体が物凄く濃いといった感じ。甘さもしっかりあるので苦すぎて食べられないということは無いと思います。

普通の抹茶ジェラートをイメージしてると、茶葉をそのまま食べたようなストレートな風味が貫いてきます。食感も柔らかく、割とさっぱりしていますよ。

その他のジェラート

和紅茶&No.6

f:id:sakuyaoi:20201005235740j:plain

和紅茶&No.6

岡市が発祥とされる和紅茶と、世界で二番目に濃いかもしれないNo.6のWカップ。Wはコーン共にW専用のシングルよりは少し小さめのディッシャーで掬うみたいです。

和紅茶は甘みが強くクリーミーですが、紅茶の香りもしっかりしており専門店のロイヤルミルクティって感じの味わい!

茶葉を削り入れてるのかザラザラした食感も面白い逸品です。

抹茶No.6でも充分な濃厚さで、染みわたる抹茶味。正直No.7との細かいところまでの差は分かる人にしか分からないでしょう。No.6の方が少しだけ甘みが強い気もします。

キャラメルナッツ抹茶

f:id:sakuyaoi:20200414062937j:plain

キャラメルナッツ抹茶

ちらはキャラメルナッツ抹茶味。7段の抹茶アイス以外は抹茶が入っていても濃さは選べません。色的にNo.2~No.3辺りの濃さだと思います。

キャラメルの甘さもあってよりスイーツ感はありました。No.3でも充分市販の抹茶アイスと比べたら濃いので、バランスよく甘味を味わうならこの辺りが丁度いいですね。

風味豊かな黒ゴマ

f:id:sakuyaoi:20200414062931j:plain

黒ゴマジェラート

ちらは黒ゴマジェラート。コーンを選ぶとワッフルコーンで提供されます。こちらも風味ががダイレクトに突き抜ける黒ゴマNo.7って感じです。

胡麻アイスが好きな方は是非試していたきたい、香ばしいゴマの香り全開の逸品です。

イートインスペースも増え、駅からも近くなったので静岡おまちスイーツとしてより気軽な品なりそうですね。新しくなったななや静岡店さんを是非ご利用ください!

店舗情報

店名 ななや静岡店
住所 〒420-0031 静岡市葵区呉服町2丁目5-12
連絡先 054-251-7783
駐車場 なし
定休日 水曜日
営業時間 11:00~19:00
詳細 公式サイト

関連記事

静岡市のお茶料理・スイーツ店はこちら