静岡市観光&グルメブログ『みなと町でも桜は咲くら』

最新の静岡グルメ&観光情報を毎日更新!地元民のリアルな視点で全力食レポ!静岡市民がもっと静岡を好きになる・市外の方が静岡に興味を持ってもらえるWEBマガジンを目指しています!ζζ

『あおしま亭』長沼駅前のお食事処で真っくろ静岡おでん!

あおしま亭

駅最近の駄菓子屋系おでん!
長沼駅のお食事処!

区長沼、静岡鉄道長沼駅徒歩1分の近場にあるお食事処。定番メニューが揃った、ごく普通の地元定番店ですが、駄菓子屋系の静岡おでんがいただけると聞いて訪問!

海の家のような小上がりテーブルとカウンターのみの昔ながらの店内に、からあげ定食やかつ丼・カレーなどの家庭的な定番料理が揃います!

おでんは1本80円から!静鉄沿線上のお店に静岡おでんは珍しく、駄菓子屋系となると、駅から最も近いお店になるかもしれません!

広告

 

店舗紹介

あおしま亭:雰囲気

f:id:sakuyaoi:20191009011626j:plain

外観

色の屋根とおでんの提灯が特徴!明かりが点いているか分かりにくいですが、暖簾や旗が出ていれば営業中です。内容を知らないと中々入りにくい老舗感がありますね。

f:id:sakuyaoi:20191009011624j:plain

バンダイホビーセンターの正面です

あおしま亭さんの向かい側は聖地静岡のガンプラ工場ことバンダイホビーセンター!

予約必須で倍率半端ない施設なので気軽に観光できるスポットではありませんが、長沼はガンプラファンの聖地がある場所ですね!

f:id:sakuyaoi:20191009011642j:plain

f:id:sakuyaoi:20191009011631j:plain

店内

店内は4人掛けテーブル4つとカウンター4席ほど。昔ながらの個人食堂スタイルです。壁にはローカル紹介番組のアナウンサーによるサインなどが結構飾られていました。

あおしま亭:メニュー

f:id:sakuyaoi:20191009011637j:plain

メニュー

食や丼メニューが600円~900円程度。カレーや焼きそばなどワンコイン亭のメニューも!おつまみ系の一品料理もあり、昼呑みの地元の方もいらっしゃいました。

同じような価格帯のお得なお店は他にもありますが、お酒におつまみまで揃っているのは周辺の方にとってかなり使い勝手良いお店と言えますね!

f:id:sakuyaoi:20191009011633j:plain

今回はおでん目当て

今回の目的はおでん!串に付いた色によって値段が違います。おにぎりや豚汁など、単品の料理と合わせて注文できる主食もありますよ!

真っくろ煮えた静岡おでん!

f:id:sakuyaoi:20191009011628j:plain

真っ黒おでん鍋

ぎ足しの出汁で真っ黒に煮えたおでんは種類も豊富!居酒屋で注文するのと異なり、タイミングによって何が煮えてるのか分からないのが駄菓子屋系の味なんです。

あと駄菓子屋系の特徴と言えば、牛すじではなくモツが入っている場合もあるとか、卓上の鍋を囲んで食べるとか、案外居酒屋系との違いは曖昧なのですけどね。

あおしま亭さんも牛すじではなくモツ串!静岡おでんの定番メニュー白焼きと、普通におでんの定番たまごの3串にしました!赤白分かれてるはずですが赤ばかりでしたね。

f:id:sakuyaoi:20191009011639j:plain

食べ応えあります!

スケトウダラのすり身を素焼きした練り物の一つである『白焼き』見た目の通り出汁にしっかり浸かっています!

弾力があり噛む食感を楽しめますが、舌触りはしっとりで出汁の味と甘みのある練り物特融の磯の味が美味しいです!

玉子は半浸かり状態ですが味はしっかりついています!どのおでんでも定番の具材ですが、静岡おでんは出汁粉の風味で独特の味わい深さが出てますよ!

モツは圧力鍋で煮たような柔らかさ!出汁と他の食材の旨味・甘みをたっぷり吸って、焼いて食べるよりも様々な深みを感じる一本です!

駄菓子屋系の中でも大きめな具材が特徴のあおしま亭さん!お近くのご用事の際には是非静岡おでんをお試しください!ランチもお得ですよ!

広告

 

店舗情報

店名 あおしま亭
住所 〒420-0813 静岡市葵区長沼630
連絡先 054-261-0221
駐車場 あり
アクセス 静鉄長沼駅徒歩1分
定休日 日・祝
営業時間 11:00~14:30 16:30~20:00
詳細 食べログ

ここもオススメ!ご近所スポット!

最寄りの2件の記事を紹介します!