静岡市観光&グルメブログ『みなと町でも桜は咲くら』

最新の静岡グルメ&観光情報を毎日更新!地元民目線で全力食レポ!お財布に優しいランチを積極的にまわってます!

【旧レポ】『ちびまる子ちゃんランド』まるちゃんの世界を体験!聖地清水のテーマパーク!

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/s/sakuyaoi/20180819/20180819022916.jpg

まるちゃんファンなら一度はおいで!
清水を代表する聖地スポット!

在の清水区入江の町が舞台の国民的アニメ『ちびまる子ちゃん』の世界へ入って写真撮影などができる体験型の博物館!

清水区入船町の商業施設・エスパルスドリームプラザの三階にあります。ドリームプラザオープンと共に営業開始し、2019年で20周年を迎えました。

ちびまる子ちゃんやさくらももこ先生のグッズの揃う『みつや』やお土産コーナーの無料ゾーンと、作中シーンを再現した写真スポットの有料ゾーンに分かれています。

※当記事は2020年7月18日のリニューアル以前の内容になります。現在内容は7割以上変わっていますので以前の備忘録程度にどうぞ。

新しいちびまる子ちゃんランドはこちらの記事から!☟

『ちびまる子ちゃんランド』リニューアル初日レポ!体験型フォトスポット充実・まるちゃんの夢を再現! - 静岡市観光&グルメブログ『みなと町でも桜は咲くら』

お土産・最新グッズも揃った無料ゾーン

f:id:sakuyaoi:20191126053102j:plain

入口

リームプラザ3F、エスカレーターを上がって右に進んだ先の給食レストラン『みんなの学校給食』の奥がちびまる子ちゃんランドです。

入口に立っているまるちゃんを目印に、写真撮影のスポットやお土産コーナーが手前に並んでいます。

ちびまる子ちゃんランドの手前には期間限定のイベント用フロアもあり、こちらでちびまる子ちゃんランドの拡張イベントが行われることもあります。

作中の駄菓子屋みつやを再現!

f:id:sakuyaoi:20191126053110j:plain

みつや

画一巻の表紙やアニメになんども登場した駄菓子屋のみつやが無料エリアの奥に再現されています。

こちらは実在したお店ですが、入江町にあった店舗は数年前に解体されてしまいました。アニメのデザインに合わせてあります。

f:id:sakuyaoi:20191126053114j:plain

駄菓子

駄菓子屋の再現なのでもちろん駄菓子も販売しています。清水の町も駄菓子屋がほとんどなくなってしまったので貴重ですね。

コンビニでは買えないような駄菓子屋のおもちゃも置いてあります。

f:id:sakuyaoi:20191126053117j:plain

グッズ売り場

みつやの半分はグッズコーナー。ちびまる子ちゃん中心ですが、コジコジなどさくらももこさん作品のグッズも網羅されています。

f:id:sakuyaoi:20191126053119j:plain

清水らしい商品も

お茶や静岡おでん、もつカレーなど清水や静岡のお土産とコラボした、ちびまる子ちゃんランド限定の静岡土産も揃ってます。

お楽しみ要素あります

f:id:sakuyaoi:20191126053108j:plain

ちびまる子ちゃんポスト

おなじみのメンバーとピンク色のポスト。このポストに手紙を投函すると、限定の消印を付けて送ってもらえるそうですよ。

隣にはオリジナルおみくじや絵馬を扱ったちびまる子ちゃん神社もあります。

いよいよアニメの世界へ

f:id:sakuyaoi:20191126053122j:plain

有料ゾーン入口

こからは有料ゾーン。チケット売り場で入場券を購入します。入館料は大人600円、小人400円。年間パスも大人1200円、小人800円で販売されています!

f:id:sakuyaoi:20191126053124j:plain

等身大まるちゃん

おなじみの風景が描かれた壁に沿って進むとまるちゃんが。ちびまる子ちゃんランドの模型は全部等身大だそうです。まるちゃん1mもない...!

さくら家人物紹介

f:id:sakuyaoi:20191126053129j:plain

さくら家紹介

初のエリアはまるちゃんの家族紹介。まるちゃん独自の視点で家族全員を紹介。フルボイスで順番に紹介され、額縁が光って家族が表示されます。

f:id:sakuyaoi:20191126052919j:plain

スタンプラリー

こちらも先に紹介。入口でチケットと一緒にスタンプラリー用紙がもらえます。ランド内に隠された5つのスタンプを探しましょう。

f:id:sakuyaoi:20191126052923j:plain

おなじみの三人

奥にはまるちゃん模型二人目!たまちゃんとおじいちゃん。まるちゃん小さいけど、たまちゃんも同じくらいなんですよね。

f:id:sakuyaoi:20191126052925j:plain

ともぞう

まる子の倍大きい友蔵おじいちゃん。絶妙に優しそうな顔をしていますがどこを見ているのでしょう?奥にもう一人見える気がする...!

さくら家を体験!

f:id:sakuyaoi:20191126052929j:plain

キッチン

こからはさくら家をリアルに再現した部屋が並びます。それぞれの部屋はショートストーリーになっていて、登場人物の音声が流れます。

部屋は固定ですが、キャラクターや小物は季節によって変わるそうです。

f:id:sakuyaoi:20191126052931j:plain

1974年

カレンダーを見ると1974年になっています。ちびまる子ちゃんは作者のさくらももこさんの子供時代を描いており、年代もそこに合わせているのです。

清水人的にはこのカレンダーが御殿場の富士山なのが気になる~まるちゃん的にも清水なら三保からの富士山じゃないの!ってツッコみそう。

f:id:sakuyaoi:20191126052934j:plain

居間

夏なのでラムネを飲んでるおじいちゃんとおばあちゃん。テレビや目を入れていないダルマがいかにも当時の暮らしって感じですね!

f:id:sakuyaoi:20191126052945j:plain

原作再現も

障子の部屋でまるちゃんとたまちゃんがおままごとをしています。お金持ちのマダムごっこらしく、ほんの600万の指輪ざますよとまるちゃん。

障子が開いて怒り顔のお母さんが登場。ちょっとした仕掛けですが面白いです。こちらは原作やアニメのエピソードが再現されています。

f:id:sakuyaoi:20191126052948j:plain

お姉ちゃんとまるちゃんの部屋

おなじみのまるちゃんとお姉ちゃんの部屋。まるちゃんの机周りが散らかっていて、それを怒ってるお姉ちゃんです。

お姉ちゃんは2016年に亡くなった水谷優子さんの録りおろしのままで、既に懐かしい水谷さんのお姉ちゃんボイスが聞けます。※2018年8月現在

f:id:sakuyaoi:20191126052950j:plain

散らかってます

中途半端なまるちゃんらしい散らばり方。虫かごや体操着、紅白帽が懐かしいです...。

見ごたえたっぷりな学校コーナー

学校への通学路

f:id:sakuyaoi:20191126052958j:plain

学校へ

々木のじいさんだけはわかる...!微妙に名前の思い出せない人たちが並ぶ学校への道。奥にはまるちゃんと丸尾君がいますね。

f:id:sakuyaoi:20191126053001j:plain

丸尾君

ズバリ『ズバリ』と言ってるポーズでしょう~!まる子と比べて一頭身分くらい背が高いですが小学生なので小さいです。

f:id:sakuyaoi:20191126053004j:plain

靴箱

f:id:sakuyaoi:20191126053007j:plain

卑怯な上履き

当時の靴箱を再現しています。靴箱にはまるちゃんのクラスメイト全員の靴が入れられているこだわりっぷり。

適当に一つ開けて誰のが入ってるか見るのも楽しいですね。私が最初に開けたのは藤木君のでした。

クラスメイトの紹介も

f:id:sakuyaoi:20191126053012j:plain

キャラクター紹介

るちゃんが所属する3年4組のクラスメイト紹介です。名前と血液型のほか、特徴が書かれていますが、まるちゃん目線です。

まるちゃんに会えました!

f:id:sakuyaoi:20191126053015j:plain

まるちゃん

こでちょうど館内を巡回中のまるちゃんに会えました。土日の一定時間館内やドリームプラザ内をフラフラしています。

3年4組の教室

f:id:sakuyaoi:20191126053018j:plain

教室

板に机と教室を再現した部屋。さすがにクラス全員分の机は置いてありませんが、黒板にチョークで絵をかいたりできます。

奥のテレビでは毎日変わるセレクションでちびまる子ちゃんのアニメが放送されていますよ。

f:id:sakuyaoi:20191126053020j:plain

懐かしい...

机の中には教科書や計画帳が。年代は全然違うのに、私の小学校時代も正にこれでした!懐かしい!たまちゃんの計画帳ですが落書きされまくってますね。

図書室(漫画コーナー)

f:id:sakuyaoi:20191126053023j:plain

図書館

室のとなりは図書室。ちびまる子ちゃんのコミック、関連書籍とさくらももこさん作品がすべて網羅された漫画コーナーです。

もう手に入らない雑誌やコンビニ本まであって、読んでみたかった本が読めただけでも来た甲斐ありました。

f:id:sakuyaoi:20191126053029j:plain

六か国語コミック

ちびまる子ちゃんのコミックは日本以外の言語でも全巻揃ってました。流石外国からのお客さんにも人気のスポットですね。これだけ言語対応してるのもすごいです。

f:id:sakuyaoi:20191126053035j:plain

ちびの名にふさわしい小ささ

図書館の先に身体測定コーナーがありましたが、まるちゃんは80cmくらい。ちなみに小学3年生の平均身長は130cmくらいだそうです。

撮影スポット豊富な公園

f:id:sakuyaoi:20191126053039j:plain

二人と一緒に

ンチに座るまるちゃんとたまちゃんと一緒に写真が撮れる穴場の撮影スポット。

公園エリアは秘密基地などもありますが、大人は入れないサイズ感の入口になってますので中はどうなってるか分かりません。

f:id:sakuyaoi:20191126053037j:plain

二人目の友蔵

公園にも友蔵!等身大模型が二つあるのは友蔵だけです。謎の優待っぷり。

貴重な資料コーナー

f:id:sakuyaoi:20191126053042j:plain

町の人々

ほど思い出せなかった町の人々が紹介されています。本編じゃ語られないちょっと毒のある裏話紹介です。

ヒデじいがいい部屋に住ませてもらってることを日々感謝しているとか、なぜか野口さん一家にフォーカスされてたり笑いどころ満載。

f:id:sakuyaoi:20191126053044j:plain

軌跡

こちらはさくらももこさんとちびまる子ちゃんのこれまでです。アニメ25周年の2015年までの軌跡が詳しく紹介されています。

f:id:sakuyaoi:20191126053047j:plain

f:id:sakuyaoi:20191126053050j:plain

アニメ資料やサインなど

イベントで描いた色紙やアニメの絵コンテからセル画までの流れ、2枚目の写真はOPの絵コンテですね。

さくらももこさんのサインや資料で集めていたグッズなど様々な貴重な品が並んでいます。ファンにとっては一番の見所かもしれません。

写真館もあります

f:id:sakuyaoi:20191126053053j:plain

f:id:sakuyaoi:20191126053056j:plain

写真館

後のエリアは写真館。清水らしい三保の松原に次郎長衣装のまるちゃんとなぜか野口さん。

お茶摘みのまるちゃんたまちゃん、はなわくんとヒデじいの高級車、学校前の4つも撮影スポットがそろってます。

f:id:sakuyaoi:20191126053105j:plain

出口

口ではさくら家全員でご挨拶。音声付きでまた来てね~。と言われるともう一周したくなりますね。

スタンプラリーかチケットの日付を見せれば再入場できますので、もう一周もありです。

f:id:sakuyaoi:20191126053059j:plain

スタンプラリー

出口ではスタンプラリーの確認もしています。全部揃えるとシールがもらえますよ!

写真を撮りながら周って40分くらいでした。そのあと漫画コーナーで1時間ぐらい読み耽っちゃった。

ファンはもちろん、そこまでファンじゃなくてもちびまる子ちゃんを知っていれば充分楽しめる展示でした!

施設情報

施設名 ちびまる子ちゃんランド
住所 〒424-0942 静岡市清水区入船町13-15 3F
アクセス JR清水駅東口から無料送迎バスあり
平日1時間に2本 休日1時間に4本
連絡先 054-354-3360
駐車場 あり
定休日 年中無休
営業時間 10:00~20:00
詳細 公式サイト

関連記事

ドリームプラザの紹介はこちらから!

『エスパルスドリームプラザ』お土産・観光に清水港の玄関口!【2021最新店】 - 静岡市観光&グルメブログ『みなと町でも桜は咲くら』