静岡市観光&グルメブログ『みなと町でも桜は咲くら』

最新の静岡グルメ&観光情報を毎日更新!地元民のリアルな視点で全力食レポ!静岡市民がもっと静岡を好きになる・市外の方が静岡に興味を持ってもらえるWEBマガジンを目指しています!ζζ

『石部屋』古民家で出来たて安倍川もち!200年以上続く静岡の老舗!

石部屋

200年続く老舗で静岡名物
できたての安倍川もちを!

区弥勒、安倍川橋の手前にある200年続く老舗の甘味処。名前は【せきべや】と読みます。売っているのは名物【安倍川もち】と、わさび醤油で食べる【からみもち】の2種のみです。

暖簾に元祖と書かれていますが、安倍川もち自体は安倍川の街道沿いで400年以上前から多くの店が扱っていた土産なので、現存する最古ではありますが発祥という訳では無いみたいです。

店内は古民家そのものな小上がりな席などもあり、雰囲気は抜群!出来たてのお餅を楽しめます!お土産も販売されていますよ!

広告

 

店舗紹介

石部屋:雰囲気

f:id:sakuyaoi:20190829094400j:plain

外観

観も古いお店の風貌そのもの。漢字が違いますが、安倍川もちと描かれた暖簾や看板が3つも!まあ看板が無いと、この古さは入るのに勇気がいりますよね。

安倍川橋の手前で交通量が多く、場所を把握していないと通り過ぎてしまってちょっと引き返すのに苦労します。

f:id:sakuyaoi:20190829094335j:plain

駐車場側に古いお手洗い

看板と古い厠(お手洗い)が目印の駐車場はお店の右隣に。奥に入って狭いスペースに2~3台分程しかないので、運転が苦手な方は大変かもしれません。

f:id:sakuyaoi:20190829094341j:plain

店内

小上がりに7人テーブルと5人テーブル。手前には街道のお団子店のような座席にお餅も置いて食べる4人がけ席が2つ用意されています。

奥の壁に並ぶ小さな掛け軸のようなものは、有名人のサインがずらりと!色紙の代わりにこの台紙に書いてもらって飾っているようです。

f:id:sakuyaoi:20190829094347j:plain

こっちのほうが古来のスタイル

東海道五十三次の絵画でも・時代劇でも、街道の軽食店は店先にこう真ん中に料理が置ける椅子があるイメージですよね。なんというスタイルなのか名称はわかりませんが。

f:id:sakuyaoi:20190829094338j:plain

貴重な写真

玄関の上には安倍川橋周辺の古い写真が残っていました!200年続くお店の貴重な写真が並んでいますよ!

石部屋:メニュー

f:id:sakuyaoi:20190830223055j:plain

店内は二品のみ

内で食べられるメニューは【安倍川もち】と【からみもち】のみ!ケースの中にサンプルが飾られていました。どちらも静岡茶付き600円です。

f:id:sakuyaoi:20190830223100j:plain

お土産

お土産の安倍川もちもあります!こちらの方が個数的には少しお得!お土産と言っても作りたてのナマモノなので、賞味期限はその日の内。

冷蔵庫に入れると硬くなるので厳禁だそうです。観光中のお土産には難しいかもしれませんね。ぜひ出来立てをその場で味わいましょう!

伝統の味!2種のお餅!

名物【安倍川もち】

f:id:sakuyaoi:20190829094355j:plain

安倍川もち

りたてなので餅自体がとても柔らかく、まだ暖かくしっとり美味しいです!あんこも砂糖きなこも甘すぎず、濃厚なお餅をさっぱり風味で楽しめます!

安倍川もちの由来ですが、400年前安倍川の河原では、きなこ餅を安倍の金山に因んで【金粉餅(きんなこもち)】として売っていたそうです。

そのお餅を金山の検分に来た徳川家康公に献上した所、餅を気に入り【安倍川もち】と名乗ることを許し、それ以降駿府の街道土産として人気になっていったそうです。

というわけで、本当の安倍川もちはきなこ餅の方らしいです。あんころ餅も街道土産の定番なので、後からセットになったのかな?

さっぱりわさびの【からみもち】

f:id:sakuyaoi:20190829094350j:plain

からみもち

さびを溶いた醤油で食べる、さっぱりしたシンプルなお餅!甘みはなく、水をくぐらせてあることが特徴で、ちゅるんと食べられます!

お土産としては流通できないので石部屋さんで初めて食べる方も多いといいます。市内のお店では安倍川もちは無くてもからみもちを売っているお店はいくつかありますね!

f:id:sakuyaoi:20190829094352j:plain

溶いたわさびと

温かい料理とわさびを組み合わせると辛味が薄まり、ツーンとした風味が強めに残ります。わさび独特の風味とお餅に合うシンプルな醤油で非常にあっさりした味わい!

安倍川もちと食べ比べるものではありませんが、お餅そのものを美味しくいただける逸品ですよ!

f:id:sakuyaoi:20190829094358j:plain

皿もオリジナル

食べ終わった後でお皿に名前が書いてあるのが老舗っぽくて良い感じ!店内も落ち着いた雰囲気なので、美味しいお茶と一緒に静岡伝統のお土産で一服いかがでしょうか!

広告

 

店舗情報

店名 石部屋
住所 〒420-0053 静岡市葵区弥勒2丁目5-24
連絡先 054-252-5698
駐車場 あり(店舗右隣の奥2台)
アクセス JR静岡駅より静鉄バス手越方面行き
安倍川橋 下車 徒歩2分
定休日 木曜日
営業時間 9:00〜16:00
詳細 食べログ

ここもオススメ!ご近所スポット!

最寄りの2件の記事を紹介します!