静岡市観光&グルメブログ『みなと町でも桜は咲くら』

静岡市観光するならこのブログをチェック!と言ってもらえるような静岡市の観光&グルメ情報サイトを目指してます!静岡市のご当地PRキャラさくやちゃんによる市民&旅行者の為のローカルネタたっぷり静岡市観光&グルメブログです!ζζ

『三保原屋 本店』創業330年 静岡おまちの老舗雑貨店

創業330年 呉服町の老舗雑貨店

f:id:sakuyaoi:20171216140408j:plain

葵区呉服町

静岡駅正面にまっすぐ伸びる呉服町商店街は静岡おまちの中心であり、様々なテーマと歴史を内包した古き良き商店街です。今回はそんな商店街の中で、一際長い歴史を持つ雑貨店『三保原屋』さんを取材させていただきました。

広告

 

常に進化し続けるおまちの老舗雑貨店

f:id:sakuyaoi:20171216140405j:plain

外観

1687年(貞享4年)創業。葵区の荒物雑貨店から始まり、静岡大火・静岡大空襲と2回の店舗全焼と時代に揉まれ、時代コンセプトに寄り添って家庭用品店、生活雑貨店と扱いを増やし進化しつつも雑貨店としての確たる形を継ぐ本物の老舗です。

店名の読みは『みほはらや』みほばらやに勘違いされやすいそうです。名前の由来は初代の家系が現在の清水区三保の辺りに住んでいたからと言われているようですが、三保のどこにいたのかは正確には分かっていないそうで研究中なのだそう。

f:id:sakuyaoi:20171216140344j:plain

入口付近には可愛いふきんが

生活雑貨の括りでありとあらゆるものが揃う三保原屋さん、3階建ての店内は様々なコンセプトの商品群が陳列され、『これが三保原屋さん!』って写真を一枚に収めるのは難しいので、写真多めで各フロアを紹介していきます。

f:id:sakuyaoi:20171216140347j:plain

堀常務

今回の取材は三保原屋さんの8代目、堀常務が隅々まで案内して下さりました。ありがとうございます!写真で堀常務が持たれている『富士山ふきん』は静岡土産にぴったり!海外受けもよさそうですね!

f:id:sakuyaoi:20171216140300j:plain

フロアガイド

3階建ての三保原屋さん。各階はAフロアとBフロアに分かれております。入り口側がA、Bは建物の改装工事を行って追加されたフロアなのだそう。同じ階でもAとBで雰囲気ががらりと変わります。

1階Aフロア

f:id:sakuyaoi:20171216140415j:plain

f:id:sakuyaoi:20171216140424j:plain

f:id:sakuyaoi:20171216140421j:plain

f:id:sakuyaoi:20171216140358j:plain

f:id:sakuyaoi:20171216140354j:plain

Aフロア

キッチン用品、小物を中心に様々な製品が揃っています。フライパンひとつ取っても両の指で数えきれないほど種類豊富!調理器具にも高級ブランドがあるそうで、同じような見た目のやかんでも10倍近く値に差があるものまで!びっくりです!何が違うんだろう~と眺めて回るだけでも面白いですね!

f:id:sakuyaoi:20171216140418j:plain

しめ縄

お正月コーナーもありました!季節ものも人気だそうです。和モノで揃えているのでクリスマス商品は無いそうで。

1階Bフロア

f:id:sakuyaoi:20171218004722j:plain

f:id:sakuyaoi:20171216140442j:plain

f:id:sakuyaoi:20171216140438j:plain

f:id:sakuyaoi:20171216140435j:plain

f:id:sakuyaoi:20171216140432j:plain

Bフロア

お茶碗、急須、湯飲み、お弁当箱や箸、和皿まで様々な食器が揃う1階Bフロア。並んだ棚にずら~っと様々な椀が並ぶ様は圧巻です!お茶碗の値段はモノによってピンキリですが、数えきれないほどのデザインから一つを決めるのは大変そう。ビビッと来た逸品を選びたいですね!和物の方が多いですが、グラスや洋皿も置いてあります。

f:id:sakuyaoi:20171216140254j:plain

ありがとにゃん

自分でも欲しいけど、お礼の品にぴったりな『ありがとにゃん』なお茶碗。

f:id:sakuyaoi:20180328152316j:plain

f:id:sakuyaoi:20180328152346j:plain

二階へ進みます

2階Bフロア

f:id:sakuyaoi:20180328152319j:plain

2階Bフロア

階段を上ると先に2階Bフロアを通ります。踊り場のスペースを活用した婦人服売り場です。六畳間ほどのスペースですが、様々な洋服が並べられています。雑貨屋って服も扱ってるんですね!

2階Aフロア

f:id:sakuyaoi:20171216140322j:plain

f:id:sakuyaoi:20171216140313j:plain

f:id:sakuyaoi:20171216140306j:plain

f:id:sakuyaoi:20171216140309j:plain

f:id:sakuyaoi:20171216140318j:plain

2-Aフロア

緑のタイル、壁紙に覆われた森林のようなフロア。メインは生活雑貨です。古き良き掃除用具、お風呂用品、ナチュラルな篭やごみ箱、奥には布制タペストリーや冬服も置いてあります。1階の雑貨が使いやすさにこだわった珍しい商品が多かったのに対して、二階は雰囲気重視というか、見た目がいい感じのものが多いイメージ。その分お値段張る商品がちらちら見えてきました。何でもあるわけですからね、高いものもありますよ。

f:id:sakuyaoi:20180328152322j:plain

f:id:sakuyaoi:20180328152325j:plain

f:id:sakuyaoi:20180328152328j:plain

2月にリニューアル!

2018年2月に商品の配置をリニューアル!綺麗にまとまって広く感じますね!品ぞろえも少し変わったみたいです。

f:id:sakuyaoi:20180328152335j:plain

階段のクセが強い

3階Bフロア

f:id:sakuyaoi:20180328152338j:plain

カーテン

カーテンフロアです。様々なカーテンが並び、これは〇〇のドラマで使われたもので~と紹介していただきました。実際ドラマ効果で売れるカーテンもあるみたいですよ!

3階Aフロア

f:id:sakuyaoi:20171216140325j:plain

f:id:sakuyaoi:20171216140328j:plain

f:id:sakuyaoi:20171216140331j:plain

f:id:sakuyaoi:20171216140335j:plain

f:id:sakuyaoi:20171216140338j:plain

3-Aフロア

ペルシャ絨毯など高級絨毯・ラグが並んだフロア。『雑貨』の言葉の広さに驚きっぱなしです。絨毯はどれもこれも手が込んでますので、安くて数万、壁に巻いて立てかけてある絨毯が20万とか書いてあってびっくりです。私は畳部屋に住んでるので馴染みないのですが、海外製の絨毯文化ってバブルの時代からなんですね。今はブームも落ち着いてしまったようですが、当時の世代には需要があるそうです。

なんとなくこのフロア、どうぶつの森のお店に迷い込んでしまったような雰囲気でした。ゲームの中での話とはいえ高い買い物してたんだなぁ...。

 

 

店舗情報

店名 三保原屋(みほはらや) 本店
住所 〒420-0031 静岡県静岡市葵区呉服町2丁目3-6
連絡先 054-252-7111
駐車場 なし(周辺の有料駐車場をご利用ください)
定休日 1月1日、不定休
営業時間 10:00~19:00
サイト http://www.mihoharaya.co.jp/mihoharaya/