静岡市観光&グルメブログ『みなと町でも桜は咲くら』

静岡のグルメブロガーさくやちゃんです!静岡市グルメを探すならこのブログ!と言ってもらえるような静岡市の観光&グルメ情報サイトを目指してます!市民&旅行者の為のローカルネタたっぷり静岡市観光&グルメブログです!ζζ

『紅葉山庭園』四季折々の自然と煎茶を味わう駿府城公園の日本庭園!

駿府の四季を味わうパワースポット!
煎茶やお菓子も優雅に味わえます

区駿府城公園の北御門そばにある日本庭園。

何百年と受け継がれる城内の自然施設という訳ではなく、駿府城公園の歴史的背景を生かし、城郭の庭園のような遊びと楽しさを再現した庭園だそうです。

四季により様々な自然・植物が見ごろを迎え、特に11月下旬~12月上旬の秋の終わりにかけては趣のある美しい紅葉を楽しむことができる街中では貴重な紅葉スポットです!

広告

 

4エリアに分かれた日本庭園

f:id:sakuyaoi:20180801225424j:plain

受付

葉山庭園はテーマごとに4つのエリアに分かれています。順路が在るので、エリアを巡りながら様々な四季の自然と触れ合うことができます。

里の庭

f:id:sakuyaoi:20180727083141j:plain

プロローグ

付の門をくぐった先、砂利道に石畳が敷かれ左右に竹筒が並ぶ様子に風情を感じる道。正面に看板が立っていますが『1 プロローグ』と書かれています。

f:id:sakuyaoi:20180727083144j:plain

f:id:sakuyaoi:20180727083147j:plain

菖蒲田に架かる八つ橋

花菖蒲が咲き誇る田に架かる八つ橋、京都のお菓子じゃないですよ。こういう狭い板を雷のようなジグザグに並べた庭園の橋を八つ橋というのだそうです。順路は左なので橋はまだ渡りません。

f:id:sakuyaoi:20180727083202j:plain

四阿

少し先に立派な四阿(あずまや)があります。壁がない小屋型の休憩所のことですね。

f:id:sakuyaoi:20180727083153j:plain

例のカット

以前書いた富士葵ちゃんPVの聖地記事のカットにも此処が登場しました。今回は答え合わせのさらに解説記事になりそうです。

f:id:sakuyaoi:20180727083150j:plain

四阿から眺める池

奥には次のエリア『海の庭』の池が見えています。影になってる四阿内と日の指す庭園とのコントラストが美しいです。

f:id:sakuyaoi:20180727083156j:plain

ニュースとお茶メニュー

四阿の中に紅葉山庭園のニュースと季節のお茶メニューが貼られた掲示板のようなものがありました。お茶は庭園の更に奥にある茶室で注文できます。

海の庭

f:id:sakuyaoi:20180727083159j:plain

紅葉山庭園の半分を占める広い池

保の松原や伊豆の城ヶ崎など池の石組みで静岡県の名所を再現しているそうです。元ネタの場所を知らないと何処がその再現なのかわからない気がする笑

知っているとより楽しめるかもってだけで、大きな池を中心に緑が生える雄大な景色はそれだけで美しさと風情を感じます。

池の生き物

f:id:sakuyaoi:20180727083252j:plain

綺麗なオレンジ色なのに鱗が剥れちゃってるのかちょっと痛そうな鯉が泳いでしました。四阿のニュースに稚魚を放ったって書いてありましたけど、この子は一人でいましたね...。

f:id:sakuyaoi:20180727083255j:plain

かも

水面が鏡のように石の上に佇む鴨を反射していました。この子も一匹だけでしたが、他の子は何処にいたのでしょう?

山里の庭

f:id:sakuyaoi:20180727083211j:plain

富士山をイメージしています

の向こうに見えた小高い山のようなものは、茶畑と富士山を再現した築山です。本物のお茶ではないので、なにやら鮮やかなピンク色の花が咲いていました。

桜以外のピンク色は詳しくないのでわからない...。紅葉山というくらいで、この築山の後ろに沢山紅葉が植えてあります。秋になるとオレンジ色に!

f:id:sakuyaoi:20180727083214j:plain

川になっています

築山への橋の下は安倍川の流れを表現しているそうです。透明感ある浅瀬も綺麗~!

f:id:sakuyaoi:20180727083217j:plain

築山の上から

山というほどの高低差ではありませんが、それでも小高い場所から庭園を眺められます。築山を周りながら360度自然を眺められる写真映えスポットですね!

山の庭

f:id:sakuyaoi:20180727083221j:plain

茶室

り返しになる山の庭へ入る手前に茶室(立礼室)がありますが、休日で混んでいて中の写真が撮れませんでした。こちらでは先ほど紹介した季節の煎茶や抹茶とお菓子が楽しめます!

f:id:sakuyaoi:20180727083224j:plain

ししおどし?

茶室の前には...このエクステリアなんて呼ぶんでしょう?条件的にはししおどしって言えるみたいですが、かぽーんってならないと違う気も...笑

f:id:sakuyaoi:20180727083227j:plain

山の庭へ

いよいよここから山の庭、山というより森のような気がします。奥が暗くてちょっと怖いですね~!

f:id:sakuyaoi:20180727083230j:plain

光が差す方へ

山の小道をイメージした蔦の細道を進むと、木漏れ日が差す幻想的な緑の小道へ!川も流れているので足元に注意です。ヒーリング効果がありそうですね!

f:id:sakuyaoi:20180727083236j:plain

山奥の滝

紅葉山庭園の一番奥、公式サイトでもクライマックスと紹介されていますが、小さな滝があります!打ち続ける滝水の音は心地の良い騒音。

f:id:sakuyaoi:20180727083233j:plain

フタバアオイ

滝の手前にはフタバアオイ。徳川家の葵の家紋のもとになった植物ですね!ここから折り返しですが、来た道とは別の道が順路になっています。

裏を周って

f:id:sakuyaoi:20180727083239j:plain

築山の上へ

路は山里の庭の築山につながっていました。よく見たら築山の看板にも5番って書いてありました。ちょっと先見してしまいましたね。先ほどとは反対方向をパシャリ。

f:id:sakuyaoi:20180727083242j:plain

海の庭の裏

そのまま裏を通って海の庭まで戻ってきました。こちらから見ると池を囲む様々な部分にテーマがあるのがわかりますね。それぞれが独特な雰囲気!

f:id:sakuyaoi:20180727083245j:plain

石畳を進みます

右を見れば優雅な海の庭ですが、進行方向も趣のある石畳です。常に緑に囲まれていると、結構歩いているのに疲れを感じにくい気がします。

f:id:sakuyaoi:20180727083248j:plain

東海道の道しるべ

石畳の道すがらに東海道の道しるべ。以前のぶらり旧東海道の記事でも紹介しましたが、歴史を感じる石の案内は当時の往来の景色が見えるので好きですね。

紅葉山庭園は昔からあるわけではないので、この道しるべにも歴史は無いのでしょうけども。

f:id:sakuyaoi:20180727083258j:plain

八ツ橋を渡る

最初に見た八ツ橋をついに渡ります。入口まで戻ってきましたね。細い板橋なので渡りながら転んで菖蒲田に突っ込まなきゃいいな~とか考えてしまい結構怖かったです。

f:id:sakuyaoi:20180727083303j:plain

四阿人気

戻ってきたころには四阿もにぎわっていてかなりお客さんも歩いていました。

駿府城公園は何度も来てますが、紅葉山庭園は今回が初めてだったので、こんな自然の癒しスポットもあったんだなぁって。また紅葉の季節に見に行きたいですね!

広告

 

スポット情報

スポット名 駿府城公園 紅葉山庭園
(もみじやまていえん)
住所 〒420-0856 静岡県静岡市葵区駿府城公園1-94
連絡先 054-251-0016
駐車場 有料駐車場あり
アクセス JR静岡駅から徒歩10分
新静岡駅から徒歩5分
定休日 月曜(公園は年中無休)
営業時間 9:00~16:30
詳細 公式サイト

駿府城公園関連記事