静岡市観光&グルメブログ『みなと町でも桜は咲くら』

最新の静岡グルメ&観光情報を毎日更新!地元民のリアルな視点で全力食レポ!静岡市民がもっと静岡を好きになる・市外の方が静岡に興味を持ってもらえるWEBマガジンを目指しています!ζζ

当ブログで紹介している店舗のメニューは一部2019年10月の増税前のものもあり、最新の価格と異なる場合があります。
現在新型コロナウイルスの影響で営業時間、提供内容が異なる店舗もございます。二点予めご了承ください。

『カツカレーのジャイアン』静岡のアダルトショップがカレー屋に!?日替わりカツカレー一本勝負!

f:id:sakuyaoi:20200426043342j:plain

店主も店舗も癖が強い
ジャイアンの日替わりカレー1本勝負

区人宿町に2018年にオープンしたカレー専門店。アダルトショップ黒猫というお店の跡地を使用し、看板を流用したことで話題になりました。

ガッツリボリュームの日替わりカレー一種で勝負!二種以上の相がけカレーはその日その日のテーマを決めて作られています。

カレーは少な目も選べますが、それでもボリューミーなので普通盛り以上はお腹に自信のある方向けです。店主の癖も強い独自の魅力ある名店ですよ。

広告

 

店舗紹介

アダルトショップからカレー屋に!?

f:id:sakuyaoi:20200426043349j:plain

外観

ちらが『カツカレーのジャイアン』さんが入っているテナントビル。看板の1階部分に店名は書いてありますがあまり目立たない外観です。

写真左上を見ていただくと、アダルトビデオ黒猫の看板がそのまま残っているのが分かると思います。

f:id:sakuyaoi:20200426043352j:plain

名物看板

下の看板もアダルトショップのままで、こちらの『アダルトショップからカレー屋さんになりました。』の張り紙がTwitterでバズり、一躍話題になりました。

店主さんとアダルトショップは全く関係なく、なぜここを選んだのかの質問もフィーリングでなんとなくとの回答。ただ店内の飾りつけもアングラな雰囲気ありますね。

カツカレーのジャイアン:雰囲気

f:id:sakuyaoi:20200426043419j:plain

店内

内はカウンター6席と2人掛けテーブル1つのみ。スパイス棚や静岡のイベント掲示板と化してる壁など、アダルトショップ跡地であることをのぞいても癖の強い内装です。

f:id:sakuyaoi:20200426043359j:plain

カルピス無料

卓上にはカルピスの原液が置かれており、自由に水で割って飲める無料サービスがあります。ラッシーの代わりだそうですが、これも個性的な魅力になっています。

濃さの選べるカルピスって特別感ありますよね。買っても薄くして沢山飲もうとしがちなので、結構濃いめに入れさせてもらいました笑

f:id:sakuyaoi:20200426043402j:plain

どこでも...?

店内にはジャイアンと言えばなあの作品の例のドアも設置されていました。市場まで直ぐ行けて仕入れが楽そう?

カツカレーのジャイアン:メニュー

f:id:sakuyaoi:20200426043345j:plain

メニューは日替わり

替わり1品のみ、店内と入口の黒板にその日の日替りがイラスト付きで紹介されています。ジャイアンさんのカレーはとにかく具沢山。カレー自体にというより付け合せ豊富な混ぜカレーって感じですね。

普通盛りが1000円、少な目が800円、普通盛りで充分ボリューミーなのですが、更にプラスできる大盛もあります。1kg越えるそうなのでご注意を。残すのはダメですよ。

店主のジャイアンさん

f:id:sakuyaoi:20200426043416j:plain

店主はジャイアン

さにジャイアンな柄が付いた服をまとった店主さん!ピンクは好きな色だそうで、私の名刺のピンクの衣装に反応されていました笑

カレーハウスを始めるにあたってはインドに赴き1ヶ月だけ修行をし、現地の文化・素材の名前の本質などを学んだそうです。

遊び心に溢れたある意味話題性の店舗にも拘わらず、カレーに対する興味・こだわりは静岡の専門店の中でもトップクラスだと感じました。

『日本人はスパイシーの意味を辛いとしか認識していないけど、正しくは特別って意味なんだ』などカレーに関する豆知識をたくさん話していただけましたよ。

市場では日替わりカレーのネタ集めにどんな食材でも回収するためゴミ箱扱いされているなんてネタ話も。ジャイアン本人以上にキャラが立ってます。

ジャイアンの日替わりカツカレー!

デミビーフカレー&とりひざキーマ

f:id:sakuyaoi:20200426043406j:plain

普通盛りでこのボリューム

の日のカレーは、左側がデミビーフカレー・右側がとりひざキーマとのこと。ほとんどの場合日替わり2種のカレー+いつものカツ+付け合せが基本となっています。

デミビーフカレーは名前の通り、デミグラスソースベースに牛筋肉が煮込まれたホテルのカレーのような味わい。肉の甘みとしっかり辛いスパイスの香り、とろとろお肉がたっぷりで食べ応えありました!

とりひざキーマはドロッとした、キーマカレーとしては珍しいビジュアル。デミビーフよりもしっかりした辛さで、カツとはこちらの方が合いますね。

二種のカレーが全然違う味わいで、比べて食べて合わせて食べて、何度も口を楽しませてくれます。

他にも色々乗っています!

f:id:sakuyaoi:20200426043409j:plain

色々乗っています

対側を見ると、相がけカレー以外にも色々乗っかっています。左端は牛ホルモン、シロコロみたいで美味しく、脂のあるお肉はカレーとよく合いますね。

お隣はグリーンカレー、具材がごぼうで独特なコクがあります。メインの2種カレーとは違い味見程度の量ですが、他のカレーと混ぜても味わい深いです。

そしてきんぴらとサラダ。カレーのお子様ランチって感じでジャイアンの名にぴったりなビジュアルだと思いました!

サクサクボリューミー食べやすいトンカツ!

f:id:sakuyaoi:20200426043413j:plain

カツが美味しい

きなトンカツは予め縦にも二等分カット。スプーンですくえるミニサイズにカットされていて食べやすいです。200gありこちらもボリューミー!

揚げたてでサックサク食感。薄すぎず厚すぎず、カレーと合わせることで真価が発揮するバランスを考えられた、正にカツカレーの為のトンカツです。

 

毎日変わるカレーはネタを考えるのも大変だそうですが『カレーが存在しない国にカレーがあったならカレー』など創作カレーのレパートリーはどんどん増えてるそうですよ!是非その日の逸品カレーをお試しください!

レトルトカツカレーも遂に登場!

f:id:sakuyaoi:20191020141800j:plain

レトルトカツカレー

ラウドファンディングで出資を募り、日本初の?レトルトカツカレーを製作したジャイアンさん。2019年10月よりついに店頭販売を開始しました!

詳しくはこちらの記事もどうぞ!

www.sakuyaoi.com

店舗情報

店名 カツカレーのジャイアン
住所 〒420-0037 静岡市葵区人宿町1丁目4-7
連絡先 080-1593-1441
駐車場 なし
アクセス JR静岡駅より徒歩15分
定休日 木曜日
営業時間 11:30~15:00
詳細 Instagram

関連記事

静岡市のカレー専門店はこちらから!