静岡市観光&グルメブログ『みなと町でも桜は咲くら』

静岡のグルメブロガーさくやちゃんです!静岡市観光するならこのブログをチェック!と言ってもらえるような静岡市の観光&グルメ情報サイトを目指してます!市民&旅行者の為のローカルネタたっぷり静岡市観光&グルメブログです!ζζ

さくらももこ先生の足跡を辿る ぶらり清水区入江 まる子の旅

水市出身のご当地PRキャラクターさくやちゃんです。

2018年8月15日、ちびまる子ちゃんの原作者で、同郷のさくらももこ先生が亡くなりました。53歳という早すぎる訃報でした。

今回の記事のような地元歩きの何気ない記事を、いつか清水を愛する先生が何かの間違いで見てくれる機会があったなら...なんて淡い夢もありました。

清水に対する愛は私だって負けていないと、勝手にライバル心も持っていたり。いつかどこかで清水トークが出来ないものかと思っていたり。

そんな夢はもう叶わないものとなってしまいましたが、これからは清水を愛して清水を発信する私達が、先生の想いを継いでいく番です。

地元清水・静岡への愛を感じてもらえる記事が書けるよう、より一層努力していきます。

広告

 

まずはちびまる子ちゃんランドへ

f:id:sakuyaoi:20180819022851j:plain

ちびまる子ちゃんランド

歩きは原作ファン向けのディープな内容です。ちびまる子ちゃんの世界を感じたい方は、まずは清水区入船町にあるちびまる子ちゃんランドへ!

港の観光商業施設エスパルスドリームプラザの3Fにあります!ちびまる子ちゃんを少しでも知っている方なら楽しめる内容です!

詳しく紹介したこちらの記事もどうぞ↓

お先にマップを

順番に紹介していきますが、位置関係が分かりづらいと読みにくいと思うのでマップを制作しました。合わせて御覧ください。

スポットを巡りながら入江町へ

回のルートはちびまる子ちゃんランドをスタートし、入江の町を巡りながらさくらももこ先生の母校、入江小学校の前までを目指します。

入江の入口からスタートでもよかったのですが、そこまでの道にスポットが結構あったので合わせて紹介いたします。

萬世橋(よろづよばし)

f:id:sakuyaoi:20180830225928j:plain

萬世橋

水区万世町にある橋。ドリームプラザ北側から巴川方向へまっすぐ進み、北へ進んで二つ目の橋です。

巴川は作中で何度も登場する川ですが、この橋自体は入江町からは離れているので直接物語と関係はありません。

巴川にはたくさんの橋が架かっていますが、数百年の歴史がある橋もいくつもあり、架け替えも行われています。

完工は1897年。橋の歴史自体はそこまで無いですが、現在の橋に架け替えられたのは1935年で現存する橋機能としては最も古いです。

港周辺の橋で石の高欄が残るのはここのみ。要するにこの橋だけがさくらももこ先生が育ったころの橋の姿を残しているのです。

アニメ・原作に登場する石の橋に似ているということですね。

キャンディ-ハウス

f:id:sakuyaoi:20180830225933j:plain

キャンディーハウス

つてのディスコクラブ。原作コミックちびまる子ちゃん1巻に収録されている『たかがディスコに行くだけで』の舞台です。

巴川沿いの夜景が印象的な作品。159ページのお父さんとお母さんが車の前に立ってるコマでは少し離れていますが八千代橋の街灯に似た風景も。

ディスコから帰る際に波止場踏切を通るシーンを含めて、地元らしさが溢れる大好きな作品です。

静鉄橋梁・JR橋梁

f:id:sakuyaoi:20180830225930j:plain

静鉄橋梁

自体は特に関係ないですが、ちびまる子ちゃんのラッピングトレインがタイミングよく通りかかったのでパシャリ!

この車両、ラッピングだけでなく車内放送もまるちゃん役のTARAKOさん。内側のドアやつり革にもイラストを使う徹底ぶり!

f:id:sakuyaoi:20180831000130j:plain

ちょっとだけ紹介

ファンなら一度は乗っておきたい車両ですね!もう少し詳しく記事書きました!

f:id:sakuyaoi:20180830225936j:plain

JR橋梁

隣のJR橋梁は映画ちびまる子ちゃん イタリアから来た少年のポスタービジュアルなどで登場しています!

橋の下をくぐる際は1.6mしかないのでお気をつけて。

かね田食堂

f:id:sakuyaoi:20180830225934j:plain

かね田食堂

くら家で行きつけだったと紹介されていた食堂兼居酒屋。食堂と名前がついていますがどちらかと言えば居酒屋です。

父ヒロシがよく飲みに行っていたと書かれていました。さくらももこ先生の友達の家でもあったらしく、よく遊びに行っていたそうです。

店内には先生のイラストサインが飾られています。

制服のハマザキ

f:id:sakuyaoi:20180830225939j:plain

ハマザキ

江の町の入口である稚児橋のすぐ近くにある老舗服店。清水区の学校では指定制服の店になっています。

特に作品と関係はないですが、クラスメイトのはまじの名字がハマザキということで、店長さんがはまじと呼ばれているらしい笑

はまじは実在する人物で制服のハマザキさんとは無関係です。

稚児橋

f:id:sakuyaoi:20180830230012j:plain

かっぱがいる橋

っぱ像が特徴の稚児橋。作中で何度も登場、何度も渡っている橋がここです!

かっぱ像はいつからあるのか分かりませんが現在の橋への架け替えは平成になってから。

まる子の子供時代はまだ石橋だったということで、先ほどの萬世橋と同じ感じ=アニメの橋だったわけですね。

映画ちびまる子ちゃんイタリアから来た少年では巴川灯ろう祭りのシーンでも登場。ポスタービジュアルの橋ですね。

右に進むと清水銀座。作中にも登場する戸田書店などがあります。

広告

 

入江の町を巡る

児橋を渡った先が清水区入江です。ここからがメイン!まるちゃんの育った町!作中の舞台がいくつもあります!

f:id:sakuyaoi:20180830230015j:plain

小ネタ

紹介しようか迷いましたが、稚児橋を渡ってすぐの場所に『長沢内科』が。字も違うし関係ないですよね?ないよね?

f:id:sakuyaoi:20180830230017j:plain

入江1丁目

入江の町は広く、三丁目まであります。交差点がいくつもあるので迷いがち。入江商店街には老舗の名店がいくつもあります。

当ブログでも稚児橋渡ってすぐの清水軒と

この交差点すぐ左前にある老舗の黒田呉服店を紹介しました。

映画のイタリアから来た少年では佐々木のじいさんのお店として大きな呉服店が登場しているので、ここのイメージかもしれません!

今回のルートはまず一丁目の交差点を右へ進んでいきます。

白髭神社

f:id:sakuyaoi:20180830230044j:plain

白髭神社

江1丁目の白髭神社は作中で何度も登場した社務所のある神社!クリスマス会などが行われたと紹介されていた場所です。

f:id:sakuyaoi:20180830230046j:plain

社務所

立派な社務所は自治会館として使われています。神社の隣は入江保育園(入江こども園)。さくらももこ先生も通っていた保育園だそうです。

一旦元の通りに引き返して進みます。

いちろんさん

f:id:sakuyaoi:20180830230024j:plain

いちろんさん

江二丁目の交差点にあるいちろんさん。でっころぼうが地元では有名な八百屋の堀尾商店さんです。

ちびまる子ちゃんには直接登場しないのですが、ヒロシの仕事が八百屋だったという情報から、ここが実家だと勘違いされてる記事も多いです。

いちろんさん自体は江戸末期から続く玩具職でしたが、高齢で引退。跡を継ぐ人もいないみたいです。

いちろんさんのでっころぼうについてはこちらの記事で

さくら家跡地

くら家こと三浦青果店跡地。今は誰が使ってるかわからない一般宅かもしれないので写真は自重しましたがマップに場所だけ入れました。

90年代前半に廃業し現在はガレージになっているので跡形もありません。いちろんさんとは同業なのに目と鼻の先。ライバルだったのかな?

こくぞうさん(淡島神社)

f:id:sakuyaoi:20180830230021j:plain

淡島神社

のまま進み、辿り着いた入江岡駅の手前に神社が。拝殿の右奥にはアニメにも登場した『こくぞうさんの木』と呼ばれる大クスノキがあります。

こくぞうさんの木は何度も登場するのでファンにとってはお馴染みのスポットですね!この先は入江じゃないのでいったん引き返します。

くりた瓦せんべい老舗

f:id:sakuyaoi:20180830230026j:plain

くりた瓦せんべい老舗

丁目の交差点まで引き返し、今度は左へ。しばらく進むとあるのがくりた瓦せんべい老舗です。

こちらは作中にはおそらく出てなかったと思いますが、清水の老舗としてちびまる子ちゃんとコラボした瓦せんべいを製造しています。

f:id:sakuyaoi:20180831005642j:plain

ちびまる子ちゃん瓦せんべい

ちびまる子ちゃんランドとここでのみ購入可能です!

おなじみの歩道橋

f:id:sakuyaoi:20180830230028j:plain

歩道橋

く進んだ先にある入江三丁目の交差点に架かる桜橋町の歩道橋。

原作・アニメ共にお馴染みの場所で、エッセイ等でも落ち着く場所、よく景色を見ていたなど紹介されています。

f:id:sakuyaoi:20180830230030j:plain

確かにいい景色

山に向かってどこまでも道路が続いているような、落ち着ける景色ですね。当時とは全然違うのでしょうけど、町の形がそういう雰囲気。

f:id:sakuyaoi:20180830230033j:plain

富士山も見えます!

曇っていたのでうっすらですが、北東方向に富士山が見えました!

f:id:sakuyaoi:20180830230035j:plain

さくら幼稚園

歩道橋の近くにはさくら幼稚園。桜橋町なだけなので先生のペンネームと関係ないとは思いますが、桜橋から『さくら』を付けたかもしれませんね。

清水入江小学校 

f:id:sakuyaoi:20180830230042j:plain

目印

逃しやすいので目印から、歩道橋を渡った先の道をまっすぐ。マックスバリュと清水銀行が見えたら、清水銀行の手間の信号を左折です。

f:id:sakuyaoi:20180830230037j:plain

入江小学校

こちらがまるちゃんもとい、さくらももこ先生が通っていた清水入江小学校。校門は開いてますが勝手に入ったら捕まります。

実家の位置からすると、ほぼ直線とはいえ結構歩きますよね。今でも色々揃っていて良い街並みでしたが。

というわけでゴール!ですが、少し先に関連スポットがあるのでそちらを最後に紹介しましょう。

広告

 

追分羊かん本店

f:id:sakuyaoi:20180830230040j:plain

追分羊かん本店

300年続く清水の銘菓!東海道五十三次の時代に駿河三大土産として名を馳せた追分羊かんを販売しています!

追分羊かんはちびまる子ちゃんとコラボもしており、ちびまる子ちゃんランド限定のコラボパッケージで羊かんを販売しています。

f:id:sakuyaoi:20180831011912j:plain

追分羊かん

店舗が登場したのは数回のみですが、佐々木のじいさんへ渡すシーンや、エッセイやあとがきで好物であることを紹介したりもありました。

お小遣いを使い果たして買ってしまうほどの大好物だったそうです。

 

以上!入江の町外にもスポットは多数ありますが、今回は散歩ルートのみに絞りました。また完璧なガイドも作りたいな~!

それをいつか見せる機会があれば~が夢だったので本当に残念...。変わりに読んだ方が絶対行きたい!ってなる記事を書けるように頑張りますね。